日本の電卓文化

日本はアメリカや西ヨーロッパよりも紙に頼ってるよ 日本のクレイジーなフューチャーフォンやロボットにおぉーとか感動するほど、彼らの日々のテクノロジーはこっちではものすごく廃れたものだと認識されているものを使ってるよ

↑彼らはとても精錬されたプロセスを持ってるからそれを変更する手間をかけないんじゃないかな

↑えー でも彼らの手順はたくさんあるよ 自分はとても精錬されたとは言わないかな 多分とても固定化されてはいるけど

計算クラブ? わぉ

↑土日一日中 なんてこった

↑朝9時開始で夜9時に終わるトレーニングキャンプも忘れずに、、、

ヘンに面白いゲームにも見えるね、、、

数学ギターヒーローみたいな

自分は大昔コンビニで働いてたんだけど、そこでロトマシンを片手でブラインドタッチするスキルを得た 多分お客さんは自分を変だと思った人もいたはず だってお客さんとアイコンタクトしながら彼らが言う数字を高速でマシンに入れれたから その後タッチスクリーンの新しいマシンが来たんだけど、ちょーーー遅くて、古い方より遅かった

計算機でめっちゃ長いリストを足して行く上での問題はもし桁を間違えたらおとんどの場合それを帰るのは難しい それに間違えを直す場合は又最初からやり直さなきゃいけない エクセルでは間違えを直すのは簡単だ このクレイジーな子供達とは違って、100個のリストを足した後に正確でいるのは難しいよ

↑君がもしあれくらい速ければ、2回やるのも問題ないでしょ

日本はとってもテクノロジーに反対してるよ だから多分すぐにはエクセルを使うようにはならないんじゃないかな あの女の子の能力はまだ日本には役に立つものとして残るよ

新しいスポーツアニメの匂いがする、、、

最初のトーナメントでのメインライバルは指が6本あるやつ

次はキーとの摩擦を減少させる為に特別なオイルを使い、キーからキーへの移動時間を減らすヤツ

キーを押すのに力が必要な昔の電卓を使った特別なトレーニングを行い、主人公の指を鍛える

↑それと、異端のフィンガー・ポジション、左手計算、、、

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする