第二次大戦当時の日本のアジア進出【海外の反応】

・中国は日本の支配下に会った方がもっと良い国になってただろうよ

・西洋の国と同じように東の国でも戦争があったって事だよ 東洋も西洋もそんなに違わないね

・一番大事な所を飛ばしてる 蒋介石は自分が誘拐されて協力を強制されるまで共産党の提案にはのらなかったんだ

・第2次世界大戦の終わり頃アメリカが中国を助けてくれた事に感謝してる 中国と日本は敵になるべきじゃないし それに南京の犠牲者は日本でも中国でも忘れられたらいけないね

・現代の中国は基本的にハイエナに殴られた傷ついたライオンだよ とはいえローマよりはずっと良いけど 危機の時に男らしさと弾力に欠けるんだよね

・僕の祖父はこの戦争についておもしろい話しをしてくれたよ 中国側はスピーカーをつかって日本人兵士に投降して中国側につくようにプロバガンダを流すわけ 驚いた事に彼によると日本人兵士が自分たちが中国やアジアの同胞にやってることに幻滅して寝返った人もいたっていうんだ 歴史の本にはのってないけど前線からの直接的な話しだよ

・とてもおもしろくてためになる歴史のチャンネルだと思うよ 日清戦争について勉強し始めたところだからありがとう

・僕の祖父は第2次世界大戦の時に国民党として従軍してたんだ いまは台湾に住んでるよ

・ 蒙古自治邦政府って日本の操り人形だったの?

・ソ連が日本に宣戦布告してたなんて知らなかった!

・蒋介石は共産党と手を組んだりしてない かれは誘拐されて共産党と強制的に手を組まされたんだ

・ソ連とアメリカで韓国を2つにわけたのがいけなかったと思うよ つい最近まで韓国はそれを直す方向に向かってなかったんだから

古代の中国は韓国、日本、ベトナムのように小さな国がたくさんある封建的な帝国だった 2つの大戦の時代、中国はたくさんの武将がそれぞれの土地を支配する混乱の中にあった 近代以前におこったら武将一人一人が中国という旗のもとあつまって戦っただろうね 日本はその役目を第2次世界大戦前にになおうとしたから古い政府が倒れた時に日本の侵略を歓迎した人達だっていたんだ でも組織だった抑圧と虐殺が中国の民衆に対して行われた時に中国民族の危機だと信じた これが中国人の愛国心に火をつけたわけ 皮肉な事に日本人が完全に占領するのが不可能になったのね

・第2次日清戦争の間 蒋介石は毛沢東を信用せず国境付近に布陣した だから戦争のはじめに中国はあれほど後退してたんだ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    太平洋戦争前に日本が人種的差別撤廃提案を出して、当時の先進国すべてに却下された事実なんて知らないんだろうな。

    当時アジア人は人間と思われていなかった。
    アジアのすべてが西洋に支配されようとするときに、支配されたくないと立ち上がった国が日本しかなかっただけの話。

  2. 匿名 より:

    さりげなく南京のうそが盛り込まれてるが?

    こんなくそな動画でもうそは広まるんだよ、気をつけろよ!