なんて先進的な国なんだ…アメリカの授業風景【海外の反応】

・ アメリカの授業風景。

・ あ~これがアメリカの微積分かい。

・↑ 簡単な幾何学だって聞いたよ。

・↑ どうみても物理の授業だろ。

・↑ アサルトライフル入門だよ。

・ 真実を広めるのはやめろ。

・ テキサス出身だけど、このとおりだよ。

・↑ 銃の安全は重要な授業だからな。

・↑ 俺のお気に入りの授業は国境警備だよ。

・ アラスカのユトクィアグヴィックに住んでいる者だけど、アメリカはどの学校でもこんな感じだよ。

・ いや、これは教員を育成しているんだよ。

・ ビールはないのかい?

・↑ ビールは10代には危険過ぎるから21歳まで飲めないよ。

・↑ おかしなことにテキサスでは18歳になったら銃が買えるのに、21歳までビールを飲めないんだよ。

・ 実際、射撃場は楽しいよ。入場料金を払って弾薬を買えば誰でも試し撃ちをすることが出来るんだ。

自分は初心者には22口径のハンドガンをお勧めするね。キックが少なくて制御しやすいんだ。

・↑ 弾丸も安いからね。

ユタ州ソルトレイクシティのモルモン射撃場だと、50口径のコルトは一発辺り8ドルだよ。

・ ジョージア州のケネソーだと、法で銃を所有することが義務付けられているよ!本当の話さ!

・ 生徒というより、教員の訓練だな。

・ またイギリスが来たときのために訓練しているんだよ。

・ 自分は皮肉なしにこれで良いと思うよ。

・ 自分の学校にも射撃場があれば良いのに。

・ 実際はEUでも同じようなことをしていることに気づいている人はどれくらいいるのかな…

ポーランドでは小学生/中学生(~13歳)を射撃場に連れて行って、空気銃を撃たせる練習をするのが半分必須になっているよ。

・ 自分の祖母はライフル協会が発行している銃のライセンスを持っているけど、1940年台後半に高校で取得したんだ。

・ これはクレイジーだわ。どうしてヨーロッパのように禁止しないんだ?

・ この一枚の写真から凄くフリーダムが伝わってくるよ。嫉妬してしまうわ。

ソース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする