刺突や斬撃対策にチェーンメイルを装備しているドイツの特殊部隊【海外の反応】

・ 刺突や斬撃対策にチェーンメイルを装備しているドイツの特殊部隊。

・ 報道元によると、これは2016年にナイフを持った男の通報を受けて出動したときのSEK(ドイツ地方警察特別出動コマンド)だね。

・↑ それからSEKを知らない人のために言っておくと、SEKっていうのはSWAT、つまり警察と同じような部隊だよ。だから軍隊としての特殊部隊ではないと思うね。

・↑ 軍隊の方はKSK(特殊戦団)と呼ばれているね。

・ チェーンソーの戦いにナイフを持ち出すな。

・↑ 少なくともチェーンソーを黒く塗るべきだったな。

タクティクールさがないわ。

(tacticool:タクティカルとクールを組み合わせた造語)

・↑ サプレッサー、スコープ、レーザーポインターも必要だな。

・↑ バイポッド(銃を地面に立てて安定させるのに付ける二脚脚)も忘れるな。

・↑ ほらよ。タクティクールチェーンソーだ。

・ まぁこれが機能することは実証済みだからな。少なくとも3000年前には戦争でテストしてある。

・↑ まぁ2300年前くらいだけどね。それでも十分保証されているけど。

・↑ それに現在の防弾ベストはクロースアーマーと同じようなレイアウトをしているからね。

みんなクロースアーマーは弱いと考えているけど、あれは矢から弾丸まで驚くくらい効果的なんだよ。

・↑ 「ギャンベゾン(パッド入り防御ジャケット) vs 近距離槍投げ」をやっている動画があるよ。

ヘビースピアなら貫通出来るけど、距離があったら貫通するのは難しいね。

布の鎧はビデオゲームで考えられているよりも遥かに効果的だよ。チェーンメイルやプレートアーマーよりはもちろん防御力が劣るけど、使用者にサイズを合わせる必要はないし、軍全体に普及できるくらい安価なんだ。

これをカイトシールドを組み合わせれば十分中世の戦場で通用する防御力を持っていると思うね。

・ ミスリル!

・ チェーンメイルは斬撃や軽い刺突には効果的だけど、警察の防具としては作るのに骨が折れるし、コストがかかりすぎると思うね。

・↑ 最近は機械で作れるから、作るのに骨が折れるなんてことはないよ。

・↑ 自分の妻の元彼はRPG大好きな人で、手作りでチェーンメイルを作っていたよ。恐ろしいくらい時間がかかったってさ。

それからケブラーは400m/毎秒の金属の塊を止めることが出来るけど、ナイフに対しては役に立たないって記事を読んだことがあるよ。

・↑ ケブラーはナイフを止めれないけど、これはケブラーがナイフに弱いんじゃなくて、単純にナイフの方が表面積当たりの力が強いからだよ。

ナイフの先端は弾丸よりもはるかに面積が少なくて尖っているんだ。そしてナイフの方が弾丸より遅いけど、人の体重が加わるんだよ。だからピンポイントでは信じられないくらいの力が加わって、ケブラーの防御力を超えるのさ。

・ これはクレイジーだね何千年と過ぎても未だに刺突と斬撃に有効な鎧なのか!

・↑ チェーンメイルはWW1でも戦車のクルーが装備していたよ。破片から顔を守るためにね。

・ 十字軍に丁度良いな。

・ でももしテロリストが剣を使ってきたらどうするんだ?チェーンメイルは斬撃にしか有効ではないかも。

プレートアーマーにアップグレードしないとやられてしまうぞ。ドイツは一体何をしているんだ。

・↑ これがチェーンメイルの一番の誤解だよね。

本物のチェーンメイルは貫通させるのが非常に難しいんだよ。

・↑ 良く出来たチェーンメイルは弾丸以外何でも防ぐよ。弱点があるとすれば打撃武器さ。だから騎士たちは剣からメイスやポールアックスみたいな武器を使うようになったんだよ。

・↑ 冗談で言っているのは分かるけど、チェーンメイルは鎖がちゃんと繋がっているなら刺突にも有効だよ。

・ +5 DEF -10 SPD

・ でもステルスチェックにペナルティがかかるんじゃないか?

・ デウスウルト

ソース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする