意外と日本は短い?…世界の平均年間労働時間【海外の反応】

・ 世界の平均年間労働時間。

ソース

・ 日本がたったの1600~1800時間だって…これは信じがたいな。

・↑ これは良くある誤解だよ。

日本人は実質的に会社中心の生活をしているけど、公式的には仕事をしていないことになっているんだ。

例えば同僚との付き合いで、仕事が終わった後でも何時間も会社にいるのは普通のことさ。

それから政府は長時間労働を禁止しているんだよ。

だから8時間だけ仕事をした後は、通りの向こう側にある別のオフィスに行って、そこで「仕事と見なされない」6時間の労働をするのさ。そこには偶然同僚や上司がいるんだけどね。

・↑ 自分の日本人の同僚がこれと全く同じ話をしていたわ。

もし労働時間と見なされていない時間を入れるなら、日本人はどれくらい効率が悪いんだろうね。

・↑ 作業時間辺りのGDPを見ると日本はイタリアのすぐ下だから、あまり効率的ではないよ。しかもそれは公式的な労働時間のみでだからね。

・ これはドイツの効率の良さ、あるいは怠け度が分かるマップだね。

・ これは税務署に届け出たときの労働時間だから休憩時間は入っていないし、サービス残業も入っていないだろうね。

ボスニア・ヘルツェゴビナの小売業では少なくとも2200~2400から2400~2600時間くらい働いているよ。

法律では最大で1880~1920(47-8週、週40時間労働)だけど、統計では48週42.5時間、合計2040時間労働が平均だよ。

・ カンボジアに行ったときはタクシー運転手が一日中自分たちに同行してくれたよ。それで一日平均30ドルしかかからなかったんだ。そして彼が言うには、それで会社から5ドルしか貰えないということだから、チップをたくさんはずんだよ。

・ アメリカが妙に低いと思うね。おそらくパートタイマーがたくさんいるんだろうな。

・ 裕福な国になるとハイテク自動化に投資するようになるんだよ。

メキシコの労働者はドイツ人や日本人の労働者より生産性が高いけど、金があれば投資すればいいわけだから、労働時間はあまり関係なくなるんだよ。

・ これがジャーマンパラドックスだな。

・ 効率について語るとすれば、中国人は一日中会社にいることも厭わないけど、それで実際に何かするかは別の問題さ。

・ Germony cannot into wörk(ドイツは仕事出来ないよ)

・↑ ん?

・↑ 昔からあるポーランドボールのジョークだね。

ソース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする