カール5世の時代(1551年)のヨーロッパ人にとっての世界地図【海外の反応】

・ カール5世の時代(1551年)のヨーロッパ人にとっての世界地図

高解像度版

・ これは現代版のマップに雲を加えたものかい?16世紀にしては正確すぎると思うね。

・↑ 1830年の地図を使ったものだね。

・↑ だとしたらオーストラリアはその60年前に見つかってるんだから変じゃないかい?

・↑ この地図は16世紀の時はどうだったかというのを表したものだから、オーストラリアは見つかっていない時の話だよ。

さらにいうと1830年だと北米も探索済みだね。

・ なんでハワイが載っているんだい?1700年代後半にクック船長が見つけるまで知らなかったんじゃないの?

・↑ 「Islas de la Mesa」って書かれているから、1540年台にスペイン人船乗りが見つけたと主張していたやつだよ。

・ 現代版とまでは言わないけど、明らかに16世紀より後期のものだね。16世紀ならこの地図に近い感じがするよ。

おそらく投稿者のは18~19世紀に作られたものだね。

高解像度版

・↑ lol 南米がチキンナゲットみたいだな。

・ 自分が気になったのは国境を適当に描いているにしては、地図が良すぎるというところだね。

長方形ポーランドに栄光あれ。

・↑ 1830年頃はポーランドは分割されていて定義されていなかったんだよ。

・ ヨーロッパより寒いところには行こうとしなかったようだね。

・↑ まぁ、お茶やタバコ、コーヒーみたいな温かい地域の資源を求めて探検したわけだからね。

・ 16世紀の人がシヴィライゼーションをプレイしていたとは知らなかったよ。

・↑ プレイしていたよ。1:1スケールのマップでね。

・↑ というよりEU4だな。オスマンが全く同じ緑色だぞ!

・ 1551年の人が実際に大陸をどんな形だと思っていたのかを見たかったわ。

・↑ >>8のやつが1570年に作られたもので、最初のモダンな世界地図だと見なされているものだよ。

・↑ これがポーランドの1551年の地図だね。

高解像度版

・ アフリカ内部をそんなに知っていたとは思えないけど。

・↑ ヴィクトリア湖みたいな重要な部分が抜けているからおそらくその通りだと思うよ。たぶん外周を埋めただけだと思うね。

・ グリーンランドがアフリカほど大きくないと判明したのは数世紀後だよ。

・ 北海道とロシア北東部がないのが驚きだね。いつ地図に載ったんだい?

・↑ ロシアがシベリアを征服し始めたのが1586年で、太平洋についたのが1639年だよ。ベーリング海峡が地図に載ったのが1660年代だね。

・ オーストラリアの発見はきっと大発見だったんだろうね。

・↑ …内地を見るまではね。

ソース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする