東/南/東南アジアの木の密度と人の居住地【海外の反応】

・ 東/南/東南アジアの木の密度と人の居住地

(緑が濃いほど木の密度が高い。赤い場所には人が居住している)

高解像度版

・ インドを見て驚いたよ。もっとジャングルみたいな場所だと思っていたわ。

・↑ 悲しいことにノーだよ。

ジャングルなのは西ガーツ山脈と北東部のみだね。

国の8%ほどの北東部の地域が、国の30%の森林を保有しているんだ。

・↑ それは人の手によってそうなったのかい?それとも自然の問題かい?

・↑ 北東部がかい?

土地の75%が丘か山だから人口密度は低いね。ドイツくらいの大きさの土地に4500万人くらいが住んでいるんだ。そして土地の80%以上が森林地帯なんだ。

それから世界でも断トツで雨が降る地域だね。二番目に降水量が多い地域のほぼ二倍の量だよ。

・↑>土地の75%が丘か山だから人口密度は低いね。ドイツくらいの大きさの土地に4500万人くらいが住んでいるんだ。

アメリカ人からすると全然人口密度が低いように思えないんだが。

モンタナ州はドイツと同じくらいのサイズで、ドイツは人口8000万くらいだけど、モンタナ州は100万人くらいしか住んでいないぞ。

・↑ ハハハ、確かにそうだね。でもインドの他の地域と比べると大分低いんだよ。

北部の平野は平方キロメートル辺り1000人くらいだけど、北東部は州によっては17人くらいさ。

・↑ lol 自分もインドはジャングルだと思っていたわ。

子供の頃に読んだアドベンチャーブックだとインドはいつもジャングルで、トラや象がたくさんいたよ。

・↑ かつてはそうだったんだよ。過去数十年で森林がたくさん伐採されたんだ。

とはいえ時代が変わって、また森林が増えてきているけどね。

・ これは良いマップだね。

日本を見たらほとんどが木で覆われた山だということが分かるね。三つの主要地域にほとんどの人が住んでいることが分かるよ。

中国は北部がほぼ平野と農園で人口が広がっていて、南部は森と山が多いね。文化や言語が違うのも納得出来るわ。

・ インドの人口分布はもっと高密度だと思っていたよ。

・↑ インドは市街地化していないんだよ。中国の56%と比べて35%しか都市に住んでいないんだ。だから小さな村に住んでいる人が多くてマップに載っていないんだよ。

・ 緑の濃いところはヒマラヤ山脈だね。

・ <3 ジャパン

・ 面白いことに日本の木々は人の手がたくさん加えられているんだよ。

Jared Diamondの”Collapse”っていう本を読んだことがあるんだけど、1670年の徳川幕府は緑化の政策を推し進めていたんだよ。

・↑ それにかつての日本の街は凄く緑が多かったんだ。

江戸(今の東京)は庭園のある家がたくさんあって、通りには花が並べて植えられていて、野菜を育てる小さなスペースとかもあったんだよ。

だけどWW2後の再建よってその多くが放棄されたんだ。でも最近またそういう計画が持ち上がっているんだよ。

それから里山っていうイングランドのグリーンベルトに似た面白いコンセプトもあるね。

■里山

人間の影響を受けた生態系が存在する山。

定期的に木材を入手したり、キノコ植えたり、肥料を作ったりするのに利用する。

・ なんで日本はあんなに森林が多いんだ?日本は丘や山ばかりじゃないの?

・↑ 日本の山は森林で覆われているんだよ。

・↑ 山に木だって?どんな魔法だそれは?

・ 20年後にどうなっているかが楽しみだね。カンボジアの森は最近破壊されているらしいよ。

・ 今日学んだこと:東京はめちゃくちゃでかい。

・↑ 名古屋もでかいね。驚いたわ。

・ あ~古き良き赤/緑マップだね。自分達みたいな色盲にはぴったりだわ。

・ 日本が森林を保持出来ているのが素晴らしいね。農業はあまりしていないのかな?

・↑ 日本はみんなが思っている以上に山がちな国なんだよ。農業をしたり、街を作るのはほとんどが谷か沿岸地域だね。

Wikipediaによると70%が山で、ノルウェーと似た地形だよ。

ソース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする