女性が投票権を手に入れた年を世界地図でまとめてみた【海外の反応】

・ 各国の女性が投票を得た年。

高解像度版

・ マン島(Isle of Man):1881年

・↑ 皮肉だな。

・↑ 彼は女に権利を与えたが、自分には与えなかったんだよ。

・ サウジは2011年に女性に投票権を与えたけど、その年の地方議会選挙が終わった後に投票権を与えたんだよ。だから実際に投票出来るようになったのは2015年だね。

最初にサウジで地方議会選挙が行われたのが2005年だから、女は10年間待たなくてはいけなかったわけだね。

・↑ サウジでは投票は出来るけど、実際の投票ではない。一つの家が全てを支配する独裁政権なのさ。

・↑ 男も女も地方議会選挙にしか投票できないよ。それが唯一の選挙だからね。

・↑ そしてサウジ家はなんらかの理由で好きな人を落選に出来るし、法律も刑法も変えることが出来るんだよ。

・↑ この地図は各国の国内がどうなっているかを示すものではないからね。

地図にあるほとんどの国は似非選挙しか行っていないよ。

・↑ この地図は完全なる民主主義である国だけにするべきだと思うね。

じゃないと意味が無いと思わないかい?

・↑ 民主主義指数によると完全に民主主義な国は19カ国しかないようだけどね。

サウジは159位だから権威主義といえるよ。中国やロシアも権威主義で他にも52カ国がそうだね。

サウジより下は8カ国しかなくて、北朝鮮が最下位だね。

https://en.wikipedia.org/wiki/Democracy_Index#Democracy_Index_by_country_(2017)

■完全なる民主主義

■欠陥のある民主主義

(以下、上のwikipediaのリンクによると黄色がハイブリッド体制、赤が権威主義)

・ 多くの国が独立した年だね。

例えば母国のマレーシアは1957年になっているけど、これはイギリスから独立した年だよ。

・↑ イェアー、そういうふうに正規化するとさらに意味が出てくるように思うね。

・↑ 自分も同じことを思ったわ。1947年は独立した年だから、女性に参政権が出たとしても不思議ではないよ。

・↑ イスラエルもだね。

・ なんだってフィンランドはロシア帝国の一部だったのにあんなに早いんだ?男ですら投票できなかったんじゃなの?

・↑ マップは投票できるかどうかを表したものだから、投票に意味があったかどうかは考慮していないよ。

・↑ フィンランドは帝国時代でも自治権を持っていたんだよ。

ロシアの利益と衝突しない限りは自分たちで決断することができたんだ。

・ *(アスタリスク)はおそらく国内全体で採用された年ということかな?特定の州だけ先に参政権があった場合があるからね。

・↑ アスタリスクは色々と状況が複雑な場合だね。

例えば特定の州、特定の人だけ投票権があるみたいな感じだね。

完全版の地図は下のリンクにあるよ。

https://img.holidayplace.co.uk/gallery/content/118883/womens-suffrage-mapped.jpg

・ 北朝鮮は韓国よりも早いのか。

・↑ 共産主義国家は基本的に女性の権利に対して先進的だよ。

・↑ これね。ドイツの共産党は1920年から中絶する権利を推し進めていたよ。

・↑ 投票と共産主義ね…

・↑ キューバはアメリカよりいろんな面で民主主義的だよ。

それからソ連、朝鮮、中国、キューバ、etcは自分たちのことを共産主義者とは呼んでいないよ。社会主義者と呼んでいるんだ。

・ バチカン「やなこった」

・ わお、マップにニュージーランドがいるじゃないか。

・↑ ニュージーランドは女性に投票権を与えた最初の国だよ。

・ スイスはどうしたんだ?最も民主主義的な国なのに、最も遅い国の一つなのか。

・↑ 民主的だからそうなったんだよ。多数派の男が女に長い事参政権を与えたくないとしていたのさ。

・↑ これは古いジョークだね。

女に投票権はない、男には投票権がある。そして今では女にも投票権がある。

一体どうして俺達は負けたんだ?

ソース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする