日本のガムにはガムを包んで捨てるための紙が入っている【海外の反応】

・ 日本のガムには噛み終わった後にガムを捨てるための小さな紙がついている。

・ 単に付箋紙を中に入れただけじゃないの?

・↑ イェアー、でも実際にそういう商品なんだよ。

ブランド名はBlack Black.っていうんだ。

味はメンソールだね。ミント味ののど飴に近いわ。実際のガムは噛んでいる内に灰色になるね。

・ たぶん自分はそのままガムをゴミ箱に捨てると思うけど、たしかにクールだとは思うわ。

・↑ だからこういう商品が出てるんだよ。

日本ではゴミ箱を見つけるのが難しいんだ。それでもポイ捨ては少ないんだけどね。

・↑ 今日本に旅行中だけど、これ以上ないってくらい本当だわ。

駅みたいな公共の場でも全然ないよ。

・↑ イエスでありノーだね。ゴミ箱は特定の場所にしかないけど、どこにあるか知っていれば見つかるよ。

でも日本ではゴミを全部分別していて、ペットボトルのキャップとラベルさえ分別しているんだよ。洗うのも整理するのも自分でやらないといけないんだ。

だからゴミは自分でなんとかしろっていうのが普通なんだよ。

自動販売機には缶入れのゴミ箱があるし、駅やファミリーマートみたいな施設には分別されたゴミ箱があるね。

日本が懐かしいわ。

・ アジアの多くの国はガムを禁止したりして厳しい政策を取っているね。

ガムはそこら中に捨てられるし、暑い地域だと特に清掃が大変だからね。

・↑ \_(@@)_/‘

ガムが禁止されている国があるなんて知らなかったよ。

・↑>アジアの多くの国

いや違うよ。

アジアでガムを禁止しているのはシンガポールだけだよ。地下鉄のドアセンサーにガムをくっつけた奴がいたんだ。それでガムは禁止になったんだよ。

特別なライセンスがあれば買えるけど、DNAを登録しなくてはいけないから、ガムを捨てたらすぐに足が付くよ。

・↑ まじで言っているのかい?まるでジョークだよ。

ガムを噛むためだけにDNA登録とかありえないだろ。

・↑ 最初の方はジョークじゃないけど、後半はジョークだね。

実際違法だけど、DNA登録なんてないよ。

・ でも紙は再利用出来るんだからもったいないだろ?

・↑ イェアー、でも暖かくて湿気が多い環境だとガムは本当にべとつくから紙が必要なんだよ。

・ 単に飲み込めばいいんじゃないのかい?

・↑ そんなことしたら胃の中でガン(gun)の木が育つぞ。

・↑ ガン(gun)の木?これは日本のガム(gum)であってアメリカのじゃないぞ。

・↑ 食べ物じゃないだろ!

・ おお、Black Blackじゃないか!

・↑ これほんと好きだわ。日本に前回行ったときのことを思い出すね。

カフェインが少しあって良い味なんだよ=D

・ ふ~む…Black Blackガムね。北アメリカにはカフェインが必要だから良さそうだな。

・ 普通にガムの包み紙を使って捨てているのは自分だけかい?

・↑ こういう小粒のガムには包み紙はないよ。

・ アメリカのガムは個別に紙に包んであるから、それに捨てればいいよ。

・ 東京に旅行に行ったときに、ポケモンガムの中にこれが入っていたよ。

製造側の手違いだと思っていたわ。

・ 俺は普通に飲んでるよ。

ソース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする