なぜ人類は互いに接触していなくても弓矢の様な共通の技術を発展させれたの?【海外の反応】

・ どうやって人は弓矢の様な同じ技術を発展させたんだい?

どうして世界の別々のところに住んでいて、互いに接触していないのに同じ技術があるんだい?

槍みたいなシンプルなものなら理解出来るけど、弓矢みたいな複雑な技術があるのは不思議だよね?

・1:多くの技術は独立して発展した。これは特に初期の技術においては真である。

2:弓や槍は氷河期に人類が北米に行く前から存在していた。つまり彼らはアジアから技術を持っていったんだよ。

・↑ これね。当時はみんなアフリカからアメリカやそこらに移民したわけで、共通の基本的なツールを持っていたんだよ。

オーストラリアの先住民なんかは槍とブーメランだから変だけどね。これは環境の問題か、それとも弓矢が出来る前に移民したからだろうか?

・↑ 真実は分からないけど、北米のインディアンは槍や投槍器を狩りに使っていて、弓矢は人同士で戦争する時に使ったようだよ。戦争があまりないグループではあまり弓矢を使わなかったんだ。

・↑ 弓矢はニューギニアからオーストラリアのヨーク岬まで伝わったけど、採用されなかったようだね。

槍のほうが大きなオーストアリアの動物を狩るのに便利だったっていう説もあるよ。

・↑ たぶん弓矢を作るのに良い素材がなかったんだろう。

・ 最適化した結果だよ。人間は最高の方法を探す志向があって、そうなると最終的な結果は狭まるんだよ。

・>槍みたいなシンプルなものなら理解出来るけど、弓矢みたいな複雑な技術があるのは不思議だよね?

弓矢はそこまで複雑じゃないよ。だから槍が各地にあるのと同様に、弓矢もあるんだ。

距離をとって何かを殺そうと考える時に、時間を費やせば思い浮かぶ代物だよ。

・↑ 弓矢は石器時代の道具と素材で作るとしたら極めて複雑だよ。

ただ棒を使うわけじゃないし、糸や矢に使う羽なんてのも単純じゃないよ。

・↑ 良い弓なら複雑だけど、原始的な弓は非常にシンプルだよ。

試しに作って効果を確認するのは簡単だし、そうなればより洗練された作りを目指すだろうね。

・↑ 単純な弓は棒と糸で作れるけど、糸が存在しないじゃないか。

・↑ 糸は植物の繊維や動物の組織で作れるよ。糸はかなり初期の頃の発明だろうね。

・ 投稿者が槍を言及しているのが面白いね。

槍は2つの方向に発展していったんだ。一つはパイクのような突きに使う重い武器で、もう一つはジャベリンのような遠距離から投げて使う軽い武器さ。

投げ槍をより軽くして弓で射ることを考えたとしても不思議ではないと思うよ。

・ 同時期に独立して同じような技術が発明されるのはかなり一般的なことだよ。

例えば計算とか電話とかね。

・ 弓は複雑じゃないよ。基本的に槍の推進機構を変えただけものものさ。

・ 解決方法の到達点が同じなだけだよ。

問題を解決しようとして人間が考え付く最適な解決法だったというだけさ。

これは進化においても同じことが起きているね。

例えばヤマアラシ、ハリモグラ、ハリネズミはみんなトゲトゲがあって、穴を掘って、雑食だよ。

これは進化して問題を解決する過程においてベストだから、例え場所が違ってもそうなったのさ。

TVも各地で独立して発明されたよ。

ソース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする