日本がインフルエンザを24時間で抑えることが可能な新薬の使用を承認【海外の反応】

・ 日本が24時間以内でインフルゼンザウイルスを殺すことが出来る新薬の使用を承認した。それなのになぜアメリカでは使えないのか?

日本はゾフルーザと呼ばれる新薬の使用許可を出した。日本人やアメリカ人の患者がこの薬を投与された場合、インフルエンザのウイルスが平均24時間以内に一掃されることが観測されている。

ゾフルーザは日本の塩野義製薬によって製造され、5月以降に販売される予定である。しかしこれは繰り返すように日本での話であって、アメリカでは少なくとも2019年までは販売されない。

現在アメリカで使用可能なインフルエンザへの薬はタミフルがあるが、これは1日に2回、5日以上飲み続けなければいけない。さらにタミフルはウイルスを殺すことはできず、インフルエンザの活動期間を1日程度抑える効果しかない。

タミフルは発症後48時間以内に投与することで最大の効果を発揮するが、多くの薬と同様にゾフルーザも早い段階での投与が望ましい。

ほとんどの薬品と同様に、誤用の可能性もあり、インフルエンザ発症後のおそすぎる段階で薬を投与した場合、ウイルスに薬剤耐性を与えることになるのではないかと心配する声もある。

https://www.yahoo.com/lifestyle/japan-new-drug-kill-flu-24-hours-doesnt-u-s-174944744.html

・>ほとんどの薬品と同様に、誤用の可能性もあり、インフルエンザ発症後のおそすぎる段階で薬を投与した場合、ウイルスに薬剤耐性を与えることになるのではないかと心配する声もある。

ほとんどの人にこういう類の薬を投与したら、薬剤耐性は直ぐにつくようになるだろうな。

・↑ 自分はそれよりもインフルエンザが全て死滅したときのことが心配だわ。数百年後の忘れた頃に流行るんじゃないかと思うよ。

・ わお…最近のyahooコメント(元記事のコメント)はやばいな。

yahooコメントの例:

・薬品は日本では1000円(10ドル)だろうけど、アメリカでは1000ドルになるんだろ。

・アメリカの健康福祉はジョークだよ。この薬を手に入れるために家を手放して100000ドル借金を負わないといけないんだろ?

・悲しいことに、糖尿病薬のFDA並に許可されるのは遅いだろうね。

・日本にはあって、アメリカはない…これはつまり日本に行けっていうことか?

・アメリカでもすぐに許可されるよ。試験に何十億ドルと費やして、それぞれの部門の長に大量に金を渡して承認してもらった後にね。

・この遅いシステム移行のせいで、一体どれだけの老人や若者が死なないといけないんだよ!馬鹿げてるぞ!

・この薬はこっち側までこないよ。ビッグファーマー製薬と規制が阻止するからね。

・他の国で人間への投与を許可されている薬なのに、我々はわざわざ動物実験から始めるのかい?

・アメリカでは少なくとも1000ドルは越えることになるだろう

・↑ yahooコメントは釣り師と年寄りばかりだからね。うちの爺ちゃんも釣り師の一人だよ。

・↑ yahooコメント欄の何がいけないんだ?健康福祉をバッシングしているだけじゃないか。

・↑ いやいや…ちょっと君も盲目的過ぎるね。規則を作るのに時間をかけるのは当然のことだよ。実際の工程を理解していないからそんなことを言えるのであって、他人を批判する前に自分の無知さを非難するべきだよ。

・↑ …お前はアメリカに住んでいないんじゃないか?

・↑ 他人を、批判、するな

・ ナパームのことか。

・↑ 炎は全ての病原菌を殺す。炎は清浄。炎を称えよ。

・ 早く世界中に広がることを願うよ。インフルエンザで既に二度やられているからな。

・ これはかなり危険を秘めていると思うね。この薬は本当に危険な症状の人のために取っておくべきだよ。

・↑ それを言いに来た。5年後になったら耐性を備えたウイルスが蔓延しているだろうな。

・ バイオハザードはもうすぐだ!

・ 日本ではめちゃくちゃ効果的な薬が販売されているからね。旅行中に京都で風邪になったんだけど、友人からルルアタックを勧められて服用したっけ、1時間以内で回復したよ。すごかったね。

ソース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする