アメリカの警察が大変すぎる【海外の反応】

警官が立ち往生している車に対して質問しようとしたところライフルを持った運転手に襲われた。

警官に襲いかかった容疑者deyon marcus rivas-maestas 26歳は軍隊で使うようなセミオートマチックのライフルで武装しており、警官に撃たれて入院した。

・ 警察は早撃ちのスキルがあって助かったね。

・↑ アサルトライフルを持った男を弁護するわけじゃないけど、警察を殺す気があったとは思えないね。

アサルトライフルで撃つのではなく叩いて攻撃しようとしているよ。おそらく気絶させて逃げるつもりだったんだろうね。(映画を見過ぎたのかな)

あるいは銃弾を持っていなくて撲殺しようとした可能性もあるけど、その可能性は低いと思うわ。

・↑ 銃は装弾されていなかったから早撃ちで命が助かったわけじゃないけど、正しい事をしたと思うよ。発砲する気がないなんて分かりっこないからね。

・ 警官の震えた叫び声が聞こえるね。本当にハードで怖い仕事だわ。暴力から市民を守ってくれる警察全員に感謝するよ。

・↑ サンキュー。

・ この警官はエイムボットを使っているな。

・ 容疑者はずっと「何もするつもりはなかった」って言っているけど、アサルトライフルを持って何してたのかっていう話しだよね。

・ 警官は相当怖かっただろうね。あの喘ぎ声が聞こえたかい?こんなことになったら心臓発作起こすわ。この警官は本当に勇敢だね。

・ この警官は正しい仕事をしたよ。

・ 容疑者がライフルで撃つんじゃなく殴りかかってきて運が良かったね。もっとひどい結果になっていたかもしれないよ。

警官が州間高速道路を放浪していた不審な男に職務質問したところ、男はナイフを取り出して抵抗した。

警官が武器を捨てるように呼びかけるも、男は「俺を殺せ」と言いながら警官へと迫った。最終的に警官はテーザー銃を使って容疑者を拘束した。

容疑者の男Alemanはルームメイトと家主を刺し殺した件について調査されている。

・ 警官は尊敬に値するわ。素晴らしい忍耐力だね。

・ この警察たちは凄いね。

・ GETT THEE FUCK DOWNNN (伏せろ!)

・ ウォーキング・デッド:オハイオエディション

・ 彼は本当に死にたかったのかい?なんてこった。

・ 殺せっていうけど、その手にはナイフがあるんだから自分でも出来るよね。

・ RIP ヘッドフォンユーザー

・ 37回発砲しないなんて良い警官だね。

・ なんで何度も自分を殺せって言っていたんだろうか。

・↑ 警察を使った自殺だよ。よくあることさ。自分で自殺するのは怖いから、警官に撃ってもらおうとしたんだよ。

いつも通りの交通違反者への取り調べがカーチェイスへと発展した。

警官が容疑者を車から降ろそうとしたところ、容疑者は警官を引きずって逃走。

警官達はパトカーを容疑者のバンにぶつけて転倒させ、容疑者を拘束した。

・ これはGTA6のCMかい?

・ どっちの側も無謀だな。全員アホだわ。

・↑ 黙っとけよ。

・ この警官はやり過ぎだと思うね。

・ あんなに車がいるなかでピットマニューバをするのは危険すぎるだろ。

・↑ イェアー、確かにね。警官が引きずられたから怒ってたんだろう。

・↑ 他の運転手なんて知ったこっちゃないわ!!

・ GTAを現実世界でやろうとするとこうなるんだよ。

・ これはちょっとやり過ぎだと思うね。特にピットマニューバがね。

・ 他の国で警官がこういうことをやっているのを見るのは面白いね。

容疑者Jean Pedro Pierreの自宅から家庭内問題で警察への呼び出しがあり、警官が向かったところ、Jean Pedro Pierreが警官を殴るなどの暴行を行った。

Jean Pedro Pierreは応援に駆けつけた警官を襲ったが、3発銃弾を受けた後病院で息を引き取った。

・ テーザー無効の能力は持っていたけど、銃弾無効ではなかったようだね!

・ 彼は法律と戦い。法律に敗れた…

・ この男は死にたかったんだな。

・ レッスン1:銃口を向けている人に襲いかかってはいけない。

・ これは警官の足を持って引きずった後に、他の警官を襲ってはいけないという確たる証拠だな。

・ どうも彼はアメリカ出身のようには見えないね…こっちではそんな遊び感覚ではないんだぞ。

・ アホが自分にふさわしい結末を迎えたな。

・ なんで最初の警官は彼を撃たなかったんだ?ああそうか、黒人問題がうるさいから撃つのをためらったんだな。これはレイシストになるし、家族はいじめられるようになるし、ニュースで間違っていると報道されるしetcetcだからな。

・ アフリカ人は警察がなんなのか知らないらしいLOL

・ これはしょうがないよね…

ソース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする