日本が連続二年間絶滅危惧種のクロマグロ漁獲量制限を上回る見込み【海外の反応】

・ 日本が連続二年間絶滅危惧種のクロマグロ漁獲量制限を上回る見込み。

漁業局は漁師に自制を呼びかけて、この状況を回避しようとしているが、おそらく国際的な批判を逃れることは出来ないだろう。

残り4ヶ月以上期間が残っている中、2/14現在で既にクロマグロは3341トン捕獲されており、これは漁獲量制限の98%である。

日本は前回(2016/7~2017/7)もクロマグロを4007トン捕獲して300トン漁獲量オーバーしている。オーバーした300トンは今回のシーズンで引かれていた。

1961年にクロマグロは160000トンいたが、日本や他の国の乱獲により2014年には17000トンまで減少している。

・ クロマグロ漁を禁止しろよ。日本人は絶滅するまで取り尽くすぞ。クロマグロは鮫と同じような頂点捕食者なんだ。

みんな中国人を鮫のヒレを取ることで批判するけど、誰も日本人がクロマグロを食べることを批判していない。ダブルスタンダードも今日で終わりだ。

・↑ マグロ漁禁止にはこれ以上ないってくらい同意だわ。マグロは種類に関わらず水銀でいっぱいなんだよ。

鮫と同じ頂点捕食者だから、どんどん水銀が溜まっていって最終的に毒になるんだ。それに海洋生態系とクロマグロの数のためにも放っておいたほうが健全だよ。

カジキ以外のほとんどのマグロは絶滅危惧種か絶滅危惧種になりそうな種族だからね。

・↑ Seafoodwatchによると、太平洋のキハダとビンナガはOKだよ。

でもクロマグロと鮫は禁止するべきだね。

・↑ キハダとビンナガも管理するべきだと思うよ。じゃないと結局はマグロがいなくなってしまうと思うね。

そしてこういった制限を本格的に実施するべきだと思うわ。中国人も日本人も制限を無視することが実証されたわけだからね。

でも残念なことに中国は拒否権を持った安保理の常任理事国だから…海は終わってしまうかもな。

・↑ 漁師は一匹捕獲するたびに1万ドル貰っているんだから、禁止しようが捕獲すると思うよ。

・↑ 禁止したら値段はさらに上がるだろうね。

・↑ 日本人だけどその通りだね。日本は海洋の健康を保とうとしていないよ。

政府や漁師が絶滅危惧種の漁獲を禁止することは稀なんだ。

最近ではウナギを捕獲しているけど、これも絶滅危惧種だよ。

でもほとんどの人は気にしないでウナギを捕獲し続けて食べているんだよ。

・↑ 西洋のメディアではそういう話が全然出てこないのが面白いね。だいたいが中国か中国人が環境に悪影響を与えているみたいなニュースだよ。

・↑ この件については全然わからないけど、アメリカは日本と良い関係でいたいから沈黙を保っているんじゃないかい?

・ そしてこの漁獲量は報告されたもののみだから、実際はもっと漁獲されていると思うね。

・↑ そもそもEUが設定したこの漁獲量ですら持続可能ではないんだよ(実際持続可能とされる量の3倍なんだ)…そして実際の漁獲量はEUが設定した漁の2倍だよ。これはクロマグロの数の1/3なんだ。

これでもしクロマグロが絶滅しなかったら驚きだよ。

・>1961年にクロマグロは160000トンいたが、日本や他の国の乱獲により2014年には17000トンまで減少している。

どうして今でもこんな漁業をしているんだい?こんなことをしていたらもう取れなくなるよ?

・↑ みんなが買うからさ。

毎回君がマグロ、ビーフ、etcを買う度に、君は売り手に「これを取ってくるのは良いことだ。もっと続けてくれ」って言っているようなものなんだよ。

もし倫理的に問題のある製品があるなら、それを他の人に伝えてボイコットし、法律を制定させる必要があるんだよ。特に自国の政府が腐敗している場合はボイコットするのは重要なことさ。

・↑>どうして今でもこんな漁業をしているんだい

なぜなら人々は食事が変化することを嫌うからさ。

もしアメリカで牛肉を食べるのをやめるように言われたら上手く行くと思うかい?

・↑ マグロは値段がとても高いから、漁師たちには遠征してでも獲ってくる価値があるんだよ。

・ ここにいる人は誰もマグロ寿司を食べていなくてよかったよ。でないと偽善者のクソ野郎だからね?

・↑ 自分は持続可能な漁業場からとられたマグロを購入している。これなら道徳的な優位性があるかい?

・↑ どうかな。君のおならは他の人より臭くないのかい?

・↑ 熱心にリサイクルに取り組んでいる人よりは良いけど、プリウスに乗っている人ほどではないな。

・ 情報を正しておくと、クロマグロは公式的にはどの国からも絶滅危惧種とは認定されていないよ。いくつかの組織が絶滅危惧種だと言っているだけさ。…とはいえ、何度も絶滅危惧種としての認定が却下された背景があって、数が少ないにも関わらず絶滅危惧種ではないとされているけどね。

・↑ それはクロマグロ漁から利益を得ている人によって却下されているんだよ。少し頭を使えば90%以上数が減っている種族が絶滅危惧種じゃないわけがないよ。マグロを大量に漁獲している国や組織の恣意的な意見を聞いたら駄目だよ。

・↑ そうではないよ。魚を絶滅危惧種として認定するのが難しいのは実際にどれだけいるのか数えるのが難しいからだよ。もしかしたら漁業を1年やめるだけで頭数が元に戻るかもしれないんだ。

なんで自分がこれを知っているかというと、カナダもタイセイヨウダラを絶滅危惧種として宣言しようとしたんだけど、何度も却下されたからだよ。外国船を国境パトロールで止めようとしていたけど、代わりに軍事行動をとる必要すらあったんだ。

その後、20年間数が増えなくなって、絶滅危惧種であることが認定されたんだよ…。

・ でもクロマグロは美味しいけどね。

・ もし日本人と話したら、これは「韓国人か中国人」が違法漁業しているせいだって言うと思うよ。

こうした議論は日本のメディアや掲示板でいっぱいされているからね。彼らが自分達に問題があると思っていない限りマグロは絶滅するわ。

・ 消費量が多すぎるんだよ。食べ物の供給が需要を満たしていないんだ…

・ これに文句を言うには、自分はマグロを食べ過ぎてしまっているわ。

ソース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    上回る見込み、じゃなくて止めろや。
    獲れなくて嘆いてるマグロ漁師のドキュメントとか二度と放送するな。
    環境破壊の悪魔だろ。