日本の贈り物のラッピング方法が芸術の域に達している【海外の反応】

・ 日本では細かいところまで真剣にやっているのがいいよね。

こういう単純なことでも礼に繋がるんだよ。

・↑ サービス産業ですらこうだからね。

アメリカとは全く違うわ。

・↑ 客も店員を尊敬してくれるなら、店員も客を助けようとしてくれるわけさ。

・↑ 日本のサービス産業がアメリカとどう違うっていうんだ?

・↑ いやつまり接客業が違うということだよ。

日本では客に礼節を持って接しているんだ。アメリカでこのレベルのサービスを見るのは極めて稀だよ。

・ 十分な大きさの包装紙を選ぶところから既にスキルが試されるな。

・ トリビア:

日本では金を手渡して物を買うっていうのは、伝統的にあまり良いことだとは思われていない。

だからハイエンドなお店では贈り物のように包装して、客は直接金やカードを手渡すのではなく、トレーの上に初めからあったかのように置いておくんだ。

・↑ クレジットカードで支払いする時はどうなるんだい?

客はたまたま見つけたマシーンにピンコードを入力するのかい?

・↑ クレジットカードで支払いが出来るレストランっていうのは少ししかないよ。ほとんどはキャッシュのみさ。

大きなデパートだとクレジットカードは自分で機械にスッと通すだけでいいよ。

・↑ いや、日本だとどこでもお金をトレーに置くのが一般的だよ。

自分は3週間日本にいたけど、どこでもトレーに金を載せたよ。別に良い事とか悪い事じゃなくてね。

・ 動画の人はノロノロ包装しているけど、それでも自分より5倍速いと思うわ。

・↑ たぶんあえてゆっくりやっているんだと思うよ。

・ テープまでの距離が遠いのが妙に気になったわ。

・ そしてこっちではハサミとセロハンテープを使ってなんでも包装しているよ…

・ 古来からある禅の一種だな。

・ どうやって使用する紙の大きさを判断しているんだい?

他に紙の大きさを判断する伝統的な方法があるのは知っているけど、この動画の方法は分からなかったわ。

・↑ 経験だよ。

・ そして箱には全くテープをつけていない…エクセレント!

・ クールだけど、そんなに早いかい??

自分もちゃんとした包装をすることが出来るけど、この人と同じくらいくらいか、数秒遅いくらいで包装出来るよ。

・↑ 日本の茶道を見たことあるかい?自分ならあれより早くお茶を作れると思うよ。

・↑ あまり早くないだけじゃなく、紙の無駄でもあるね。

休日にこれをやってみたけど、二倍くらい紙を無駄にするし、折りたたんだ部分がかさ張るわ。

とはいえ、それは大して重視していない部分だろうね。角がピッタリしていてとても満足感があったわ。

・ 彼はこのスキルどの国でも通用するよ。

■早いラッピング

・ 彼女はエミネムより速いラッパーだな。

・ 忍者ラッパー

・ これは見ていて満足感があるね!プロは全然違うわ。

・ アジア人は恐ろしいな。

・ 全部同じ大きさの紙だから簡単だろうね。

・ アメリカンは鬱陶しいな。どこでも失礼/馬鹿なコメントをしないと気が済まないのか。

・↑ 中国人観光客にあったことはあるかい?

・ 紙を折るときのパリパリいう音がいいね。

ソース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする