なんでヨーロッパの国旗は似たような三色旗ばかりなの?【海外の反応】

・ なんでヨーロッパの国旗は似たような三色旗ばかりなの?

イタリア、アイルランド、オランダ、ドイツ、フランス、ルーマニア、ベルギーetc、どれも似たような三色旗を使っているよね。

なんでユニークなデザインを使わなかったんだろうか?

・ まず第一に三色旗は宗教や王政ではなく、人民、あるいは少なくとも国民運動を表現した国旗なんだ。

あとは他の国旗を見てスタイルや様式を決まる「フラグファミリー」みたいな現象があるんだよ。

西洋の三色旗は大抵の場合、人民/国民運動/国自体を表現しているんだ。改めて見れば、三色旗が王政起源の国旗と入れ替わって出てきたことに気づくだろうね。(例えばブルボン朝のフルール・ド・リスから、フランスの三色旗に変わっている)

そして三色旗でないヨーロッパの国旗のほとんどは王政(スペイン、ポルトガル、サンマリノetc)か、宗教関連のシンボル(北欧、バチカンetc)を使っているんだ。

「フラグファミリー」っていうのは旗章学のコミュニティでは有名な話で、例えばイタリアの三色旗はフランスを模倣したものなんだ。旗によって自分たちの立場や政治情勢を表現したんだよ。ベルギーが縦三色旗を採用したのは、オランダよりもフランスに敬意を払ったからなのさ。

つまり三色旗は国民運動によって作られた宗教的なシンボルや王政の紋章をなくした国旗、あるいは他の国が三色旗にするのを模倣した国旗ということなのさ。

・↑ これは良いコメントだね。サンクス。

北欧(スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フィンランド、アイスランド、オーランド諸島、フェロー諸島、それから西ヨークシャとシェトランド諸島)のフラグファミリーの話は知らないかい?

確かデンマークの国旗が世界で最も古い国旗なんだよね。それを北欧中が真似たのかな?

・↑ そうだよ。デンマークの国旗が最初に出来て、北欧はそれを踏襲したんだ。

1397年にノルウェーとスウェーデンはデンマークと連合(カルマル同盟)を組んだんだよ。それでみんな北欧十字を使ったんだ。

スウェーデンは130年後に反乱を起こしたけど、単に旗の色をマグヌス3世の色に変えるだけで、デザインは同じものを使ったんだよ。

(カルマル同盟)

・↑>ヨーロッパの国旗のほとんどは王政(スペイン、ポルトガル、サンマリノetc)

サンマリノは王政じゃなくて主権を象徴しているんだよ。この国が王政になったことは一度もないね。

まぁちょっとした揚げ足取りだよ。

・ アフリカの国旗も三色旗が多いよね。これは植民地だったことが由来なのかな?

・↑ それが理由の大半を占めるだろうね。

マリとチャドはフランスの三色旗からデザインを取り入れたんだ。とはいえ多くのアフリカ国家がこれはユニークな国旗で、独立したとデザインであると主張しているよ。

これは旗章学に多くある二面性だね。多くの国が植民地だったことや、歴史から国旗のデザインを決めているけど、そのデザインに含まれる意味は違うと主張しているんだ。

・↑ 汎アフリカ色は赤、黄色、緑なんだけど、これはエチオピアの国旗から来ているんだ。

エチオピアは植民地化されなかった国だから、アフリカはこの色を選んだんだよ。

ヨーロッパの帝国主義が三色旗を広めたのは確かだけど、ほとんどのアフリカの三色旗はアンチ植民地主義なんだよ。

・ アイルランドは2つの主張な宗教グループとそのあいだの平和を象徴したものだよ。

緑と白と金(オレンジ)は、緑がカトリックのアイルランド人、金がプロテスタントのアイルランド人、そして白が2つのグループの平和を表しているんだ。

ソース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    Trinity(三位一体)でしょ、キリスト教起源
    父(=父なる神・父神)
    子(=神の子・子なるキリスト)
    霊(=聖霊・聖神)