日本語を話す鳥【海外の反応】

・ What the fuck

・ 鳥の怒らせ方

・ twat (cunt(ま○こ)のマイルドな言い方)

・↑ ハハ、すごい誘い笑いだな。

・↑ fuck off you twat(失せな糞野郎)

・ 残念なことにあべちゃんは2015年に亡くなっているんだよね。

でも飼い主は新しくすがちゃんっていう名前の鳥を飼って、新たなに言葉を教えているようだよ。

・ Ohaiyou

・ これは何て言う種類の鳥なんだい?

・↑ Common Hill Myna (九官鳥)

・ 若い頃にフィリピンに行って病気なって寝込んだことがあったんだ。その時におじさんが九官鳥を連れてきて励ましてくれたんだよ。

その子の名前はPogey(ハンサム)で、好きなフレーズは「Kumain ka na?」(もう食べたかい?)だったね。

フィリピンの文化に馴染みのない人に言っておくと、もしフィリピン人の家に行ったら腹一杯になるまで食べさせられるんだよ。だから「もう食べたかい?」って聞かれるんだ。

Pogeyが誰かが来るたびにもう食べたか聞いていて面白かったよ。最高のドアベルだったね。

・ すごいけど、コトドリほどではないな。

・↑ これは…合成じゃないの?

・↑ これはパロディだけど、リアルの鳴き声も凄いよ。

・ なんて丁寧な響きの言語なんだ。

・↑ hai, wakarimashita

・ この鳥のほうが自分より日本語上手いわ。

・英語を話す鳥:わお、これはすごいね。

日本語を話す鳥:ホーリーシット!日本語を話しているぞ!なんてこったい!

結論:みんな鳥の母国語は英語だと思っている。

・ アッラーアクバル

・ 鳥が英語以外も話せるってことを今まで一度も考えたことがなかったわ。

・ この鳥はウィアブーだな。

ソース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする