どうしてロシアは他の有名な国と比べて文化を輸出していないの?【海外の反応】

・ どうしてロシアはアメリカ、イギリス、フランス、中国、日本、韓国のような文化輸出大国じゃないんだい?

プーチンは西洋に対して親ロシアのイメージを作りたいはずだよね?だとしたらどうしてロシアは韓流、クールブリタニア、クールジャパンのような文化政策を取っていないんだい?

自分は文化の輸出は外交政策で間違いなく有用だと思うんだよね。韓国ドラマ、Kポップ、韓国シネマは韓国の対外政策としての側面がかなり強いと思うよ。

日本も日本料理やアニメの影響によってソフトパワーを過去40年間に渡って維持しているし、イギリスもビートルズ、ブリットポップ、ハリーポッター、ドクターフー、ダンスミュージックでイメージを作っているし、フランスはアート、ニューウェーブシネマ、料理で他の国に強い影響を与えていると思うよ。

中国は文化政策においてベストではないけど、高予算の香港映画やハリウッドとの共同制作もあるし、スターをハリウッドに派遣したりもしているよね。

でもロシアについて考えた場合、どうして他の国と違って文化を輸出しようと推進していないんだい?

プーチンは何度も海外におけるロシアのイメージを高めたいと言っているけど、韓流やクールブリタニアみたいな政策を見たことは一度もないよ。

ロシアが文化を大して輸出していないのに、どうして世界がロシアに揺らぐと思っているんだい?

それにロシアには世界にシェアするべき良い文化があるのに残念だわ。

Night WatchやThe Returnみたいな良い映画も作っているし、ロシア版のシャーロック・ホームズもTV放送しているよね。

フランスのワインと同じくウォッカは経済にも影響するよ。

でも未だにロシアはソフトパワーを強化するのではなく、攻撃的でリスクのある政策を取り続けているよね。中国が文化的になろうとしているのと反対に、冷戦時代みたいな攻撃的な政策に戻ろうとしている気がするよ。

ロシアが東ヨーロッパやシリアに攻撃的な政策を取るのも文化政策が欠けているからなんじゃないかい?

・ 確かにあまり輸出していないように見えるかもしれないけど、東ヨーロッパに住んでいる自分の視点からすると、ロシアは周辺国に対しては文化的に強い影響力を持っているし、政府が出資しているものもあるよ。

ロシアがソフトパワーを持っていないというのはかなり過小評価していると思うね。

投稿者はロシアとその周辺国の精神性を理解するべきだと思うよ。軍隊を誇示すること自体がソフトパワーの一つなんだ。

マチスモ(男らしさ)はロシア文化では重要な要素で、自分の住んでいる地域でも同じだよ。

真の男はロシアの音楽を聞き、ロシアの映画を見て、ロシアのウォッカを飲んで、プーチンを愛するとかそんな感じさ。

面白いのは男らしさのモデルとしてロシア魂を使っていることさ。自分はロシア人であるということを誇りを持って言うことがかなり一般的なんだよ。

・↑ この掲示板では普通なのかも知れないけど、質の低いコメントがたくさんあるね。

文化の輸出があまりされていない理由はそれが馴染みのない文化だからだよ。全世界希望で流行るのは稀なことさ。

ロシアの文化は元ソ連や東ヨーロッパでより親しまれているし、日本の文化は中国や韓国に受け入れられやすいし、インドのエンターテイメントはアルゼンチンよりパキスタンで親しまれやすいんだ。

・↑ 日本の文化の一番の輸出先はアメリカだよ。東アジアはアメリカほどではないね。

とはいえ、ロシアの文化が元ソビエト圏で人気だと言うのは合っていると思うわ。

・↑ アメリカが東アジアより日本文化の主な輸出先になっているというソースはあるのかい?

世界で色々な人たちにあったけど、少なくとも一つか二つはアニメを見たことがある人ばかりだったよ。

・↑ 特に調査やランキングはないけど、アニメのグローバル化はアメリカから始まったんだよ。それに世界で一番アニメに注目しているのもアメリカさ。

韓国や中国でアニメがそこまでビッグじゃないことに驚いたくらいだよ。

・↑ アニメは中国でビッグだよ。

追記:

アニメは東、東南アジアですごい人気だよ。

どっちがアニメをより見ているかみたいなのは分からないけど、少なくとも東アジアでは日本のあまり知られていない文化作品も見ていると思うね。中国と韓国はアメリカよりも戦国時代みたいな日本のアクション映画を受け入れているよ。

・ 文化の輸出っていうのは流通経路が重要なんだよ。

ハリウッドはこの点で全てを圧倒しているね。

そしてハリウッドは長い間アンチ・ソ連だったし、こういう風潮はなかなか終わらないんだ。

ロシアを悪役にすることを一度覚えてしまうと、それからもそれを続けてしまうのさ。

ロシアとウクライナの紛争が始まった後にまたこのデモ運動が始まったから、ロシアがハリウッドに流通で勝てる見込みは全くないと思うね。

追記:

知らない人のために書いておくと、ハリウッドは自分たちが一番でいるために、自分たちが一番優位な位置にいることを利用してローカルの映画産業を攻撃しているんだよ。

これはヨーロッパや中国すらを含む世界中で起きていることさ。中国ではこの影響を抑えるためにハリウッド映画を放送する数を制限しているけどね。

・ 投稿者は英語やフランス語の文化輸出を過大評価しているんだよ。

ほとんどのヨーロッパ諸国は自分たちの文化を輸出していないよ。

アメリカがハリウッドと音楽産業でヨーロッパを占領しているのさ。

ロシアに関して言えば、言語のバリアがあるからだね。

・↑ いやそんなことないよ。

映画の学校に行けば、フランスのニューウェーブによって生み出された技法を学ぶのが大事なんだ。

それにフランスはカンヌ映画祭もあって、他の国の映画祭よりも大きな影響力を持っているよ。フランス映画はオスカー/バフタ/ドールスでも賞を取っているし、Marion Cotillard, Elodie Yung, Jean Dujardinみたいな俳優と女優もハリウッドに輸出しているよ。

それにフランス料理を教える最高の料理学校があることも忘れてはいけないね。

フランスが映画や料理で影響力がないなんてことは全くないと思うね。1950年代から大きな影響力を持っているし、いまだにそうだと思うよ。

>ロシアには言語の壁がある。

日本や韓国は言語の壁があっても強いソフトパワーを持っているよ。

・↑ フランスに映画産業が存在しないみたいなことを言うつもりはないよ。

自分が言いたいのはアメリカの映画産業によって、フランスの映画産業の存在感がなくなっているということさ。

フランス料理の影響力は下がっているよ。

前ほどではないし、前みたいな人気に戻る理由もないと思うね。

>日本や韓国は言語の壁があっても強いソフトパワーを持っているよ。

いや持ってないよ。アメリカにいる人は誰も日本の曲を歌わないし、韓国人みたいな恰好もしていないし、中国の映画も見ていないよ。ヨーロッパでも同じことさ。

でも世界中でアメリカのラップミュージックを聞いているし、アメリカの映画やTV番組を見ているよ。

・↑ アメリカでアニメ、kポップ、jポップを好きな人はたくさんいるし、寿司や韓国BBQ、キムチetcを食べる人もたくさんいるよ。

ここで挙げられている話題のほとんどには反対だけど、アメリカの文化だけが輸出されていると思うのは馬鹿げているね…どの国も色々な面で自分たちの文化を輸出して成功しているよ。

もちろんアメリカがトップだけど、中流の文化輸出国はたくさんあるよ。

・ ロシアは未だに有名な文化遺産を持っているということを知っておくのが重要だと思うね。

マルクス主義、ドストエフスキー、トルストイ、スプートニク、アナスタシアの物語、そしてくるみ割り人形もロシアの文化だよ。

みんなウォッカを一杯飲んだことはあるだろうし…そこまで文化的ではないにしてもカラシニコフ以外でも輸出しているものはあるよ。

ロシアに文化がたくさんあるというのはその通りだよ。

問題は文化的な伝統の一つに国家の強さを尊ぶというのがあることだね。それからロシアは従順さと自由さを振り子のように揺れ動く歴史を持っているんだ。

自由なときは西洋社会くらいクリエイティブになるけど、悪いときは鬱で怠け者な文化になるのさ。

中国に関していうと、自分は特に文化的に惹き付けるような要素はないと思うね。

アメリカは中華料理や星座のシンボルが好きだけど、それは移民がたくさんいるかだろ。中国や中国の政策を愛しているわけではないと思うよ。

中国本土の人間は移民が帰ってくるまでファストフードみたいな中国料理を見たことがなかったはずさ。

中国こそクリエイティブなコンテンツを作れない典型的な社会だよ。

良くはなっているけど、政府が関わるたびに汚染されているんだ。

・↑ なんでこれがこんなに高評価されているんだ?

中国文化はファストフードだけじゃないぞ。道教、孫子、武侠、易経、三国志、SFノベルも人気で去年はヒューゴ賞を取ったぞ。それ以外にもたくさんあるさ。

香港ガーデンで経験したこと = 中国文化の全てじゃないから。

中華料理がその程度だとかまじで無知すぎるコメントだわ。

お前は自国のイデオロギーに染まった考えで世界を見ているんだよ。そして自分の文化に合わないものは魅力がないとい言っているんだ。

戦艦ポチョムキンは名作だけど、あれはソビエトのプロパガンダが露骨な作品だった。

ソビエト時代は文学でも映画でも素晴らしい作品があったし、自国を賞賛しているからといってクリエイティブな作品が生まれないわけではない。

・ ロシアには文化の輸出を強く援助するような組織がないんだよ。なぜならロシアにはそういう伝統はないからね。

ソ連は社会主義を「親愛なるロシア、共産主義の母国」みたいな感じで押し出したけどね。

1991年以降、ロシアは10年間に渡って大きく混乱して、国際社会から撤退したんだ。

今のロシア政府はソフトパワーが必要だとは思っていても、何をどうするべきなのか分からないのさ。

まぁ、スプートニクやRT(ロシアの国際TV番組)は西洋向けにロシアのイメージを作ろうとした試みといえるかもしれないね。

・ 答えは簡単だと思うよ。

最も知的でクリエイティブな人たちは政府から弾圧されたか、目立たないように暮らしているんだよ。昔もそういうことはあったんだ。ロシアで最も有名な文学家達は国家と折り合いが悪かったのさ。

2015年のノーベル文学賞を取ったアレクシエーヴィッチを見てご覧よ。彼女はベラルーシ人だけど、ロシア語で書いて、ロシア人の多くがロシアの作家だと思っているんだよ。

彼女の作品はソ連の元での暮らしと独立国家共同体がいかに暗黒時代だったかを書いた作品で、多くの人は「彼女は悪い部分だけ語っている。フェアじゃない。ロシアをこき下ろして賞を取った」って思っているんだ。

彼女は現在ベラルーシの学校で文学を教えているけど、政府からは無視されているよ。

・ 軍需品とロボット関連で強い影響力を持っているし、ソ連が終わってからは文化も輸出しているよ。

・ 輸出しているけど、そのほとんどはロシア語圏で消費されているんだよ。

ソース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする