第三世界で育った人は第一世界の何に一番驚いた?【海外の反応】

・ 第三世界で育った人に聞きたいんだけど、第一世界で一番驚いたことは何?

・ 歯磨き粉の通路。歯磨き粉だけ陳列した通路があったんだよ。

もう25年くらい経つけど、未だに衝撃が頭から離れないわ。

・↑ 実際のところ鬱陶しいけどね。第一世界特有の問題だと思うけど、そんなに選択肢は必要ないだろ…

・↑ 自分はホットドッグで同じ気分になったわ。

イギリス出身なんだけど、初めてアメリカのスーパーマーケットに行った時にホットドッグだけ陳列された棚があったよ。

もう20年位経つけど、未だに「は!?こんなにホットドッグのブランドがあるの?必要かこれ?」って思ったよ…

・↑ デンマークで同じ状態になったよ…どの肉もソーセージ型なんだよね。スーパーマーケットの冷蔵庫には一列全部ソーセージが詰まっていたよ。なんじゃこりゃって感じだったね。

・↑ モロッコではヨーグルトだけの棚があるよ。たくさんの種類のヨーグルトがあるんだ。

・ 何もかも光が灯っていることだね。まるでクリスマスのイルミネーションのようだったよ。

あと初めてバーガーキングの匂いを嗅いだ時と、イエローマスタングを見たときも衝撃だったね。

・ カナダに着いた時、みんなが親切過ぎて怖かったわ。

特に道路を渡ろうとしているときに、車が20メートル手前で減速して止まったときは驚いたね。自分は車が通り過ぎてから渡ろうと思っていたんだけど、まさか止まるとは思わなかったよ!

そしてドライバーが手を使ってジェスチャーみたいなことをしているんだよ。それが何を意味しているのか分からなくて、相手が先に行きたいと思っているのか、これは何なのか、何かの儀式なのか、自分が渡るのを待っていてくれているのか、分けがわからなかったよ。

最初の一年間、道路を渡る時はヘッドライトで照らされた鹿みたいな感じだったね。カラチ(パキスタン)の交通ルールで育ったから、運転手がブレーキの存在を知っていて驚きだったわ。

カナダ人は親切だけど恐ろしいんね。

・ ドイツに引っ越したホンジュラス人だよ。

・携帯電話を持ったまま歩いていても安全。

・みんな時間通りに動く。

・電車に乗る人たちはほとんど指示を受けていないのに、特に何も混乱が起きない

・尊敬すべき慣習がある。(一度床に帽子が落ちていたことがあるんだけど、誰も拾って自分の物にしなかったよ。ホンジュラスなら心臓が一拍なる前になくなるね)

・ナチ党がデモするのを許している。ホンジュラスなら速攻で弾圧されるね。

・車が必要ない。公共の交通機関で十分移動できる。

・↑>ナチ党がデモするのを許している。ホンジュラスなら速攻で弾圧されるね。

え、え?ドイツではナチ関連のものは違法だと思ったけど。

・↑ ナチスのデモ的なものってことだろうね。

これはミュンヘンの2010年にあったナチスのデモに見えるイベントだよ。ドイツ語の記事によると25~60のネオナチと2000人の反デモンストレイターがいるって書かれているね。

・ エアコンがそこら中にある。

・↑ これは神に感謝しないとな。

・ 図書館で金を払わずに自由に本を借りれることが驚きだったわ。

金が必要だろうと思っていたんだけど、いくつか質問した後、図書館カードを作って大量に本を借りたわlol

・↑ 税金を通して払っているんだよ。

公共の取り組みってやつだね!:)

・↑ これね。自分の名前が書かれた図書館カードは子供時代に与えられた最高の贈り物だったわ。

・ 香港の地下鉄の手すりにクリスマスのイルミネーションをしていたんだけど、マニラだったら数時間で無くなって売り払われるね。

・ 子供の頃はケニアで育ったんだけど、第一世界に戻ったときはみんなが強盗の心配をせずにとてもリラックスしていることに驚いたよ。

・↑ ケニアの病院で働いていたことがあるんだけど、午後7時に外を歩いたら危険すぎるから駄目だって言われたよ。500メートル先に行くのすら駄目なんだ。

・↑ カバンをしっかりつかんだり、横道を確認せずにみんなが歩いているのを見るのは変な感じだね。

・ サイズだね。空港からフォード・エクスペディションで拾ってもらったんだけど、キューバの家みたいな大きさに感じたよ。それから寝室が6つもある家に送られたんだ。

大きな部屋になれなかったらクローゼットの中でよくすごしていたよ。

それからアメリカではトイレにお尻を拭くように命令すると、手が出てきて優しくお尻を拭いてくれるんだぞって、キューバを出る時に兄が言っていたんだ。

そしてスペイン語で命令するとケツに指を突っ込まれるから英語を使えよって言われたんだよ。一週間うんち出来なかったわ。

だからトイレが普通だったことも驚きだったね。

・↑>アメリカではトイレにお尻を拭くように命令すると、手が出てきて優しくお尻を拭いてくれるんだぞって、キューバを出る時に兄が言っていたんだ。

兄貴はどこの世界でも同じだな。

・↑ 20年後なら日本でそうなっているかもな。笑わせてくれてありがとう。

・↑ それは良いね。スペイン語を学んでおくとするわ。

・ 母ちゃんはパンを買うために二時間も並んでいたんだ。パンのために二時間だぞ。

それからこっちに来たら、パンだけが陳列している棚があるんだよ。それもすごい色んな種類があるんだ…母ちゃんはまじで驚いていたね。

・ 父さんはコスタリカで育ったんだけど、一番驚いたのはお菓子にどれだけ種類があるのかということだってさ。それに物凄く簡単に手に入るんだ。

・ え?え?水がただ?!?!…しかもおかわりできるの!?

・ フィリピンから引っ越してきたときは清潔過ぎて驚いたよ。

空港の床でご飯が食べれるような感じさ。フィリピンだったらその辺に座ったら発疹が出来るよ。

魚の腸をぶちまけたような場所はないし、誰も立ち小便していないんだ。

・↑ カリフォルニアのベイエリアから日本に行った時に同じように感じたわ。

それからイェアー、自分もフィリピーノだから同意だわ。マニラはマジで汚いよ。(とはいえ好きな場所だけどね)

・ 食べ物の出される量と捨てられる量。あと新鮮な食べ物とファストフードの値段の差。

・・道が鏡みたいに滑らかで綺麗。

・TVや映画に出てくるような積極的な女の子はいない。

・物乞いがいる。ホームレスと呼んでいるけど。

・ アメリカに初めて来たときは車が空を飛ぶことを期待していたけど、がっかりだったわ。

・↑ まぁそれは自分達もがっかりしているよ。

ソース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    ゲームなら国民ローテーションって感じで円グラフを回すように色んな国に色んな国の人がまるっと移民するとか面白いかもね

    ああ、ワイ疲れてるんかな、、