南米の方が先に植民地化されたのにどうして北米の方が発展しているの?【海外の反応】

・ 南アメリカは早い時期に植民地化されて結果も良かったのに、どうして北アメリカより発展していないんだい?

・ これはたくさん複雑な理由があるんだけど、最も重要な理由は帝国によって経済政策が違ったということだね。

スペインは植民地から可能な限り利益を得ることに集中していたんだよ。(そしてその利益を色んな戦争に使っていたんだ)

つまりスペインは銀山や砂糖農園のような直ぐに見返りのある産業にのみ投資していたんだ。そしてスペインはヨーロッパで最も裕福な国になったんだよ。

しかしながら、こういった産業は長い期間に渡って持続可能なものではなかったんだ。スペイン人が原住民の労働者に信じられないほど辛くあたってたくさん殺したことも原因の一つだね。

これにより南米は少しのインフラと弱い政府しか作られなかったんだ。

一方でイギリスが植民地化した北米は、金や銀がなかったし、砂糖農園にも適していなかったんだ。それで南米やカリブ海のような生産は出来なかったんだよ。

とはいえヨーロッパの移民たちには輸出品を生産する能力があり(フランス領カナダでは毛皮や木材、南部ではタバコや綿)、そして自分たちが食べる分の食料も生産できたんだ。

イギリスとフランスからすると大した金にはならなかったけど、北米は独自の経済を発展させてより独立した植民地となったのさ。

・↑ 植民地化された国だけではなく、植民地化した国の発展について語るのも面白いよ。

例えば自分の国のポルトガルでは、ブラジルから金、銀、砂糖を手に入れて急激に裕福になった結果、激しいインフレ状態になり、経済が貿易重視で工業や農業が軽視されるようになったんだよ。

人々が簡単に金を手に入れようとして働こうとしないことを批判した、当時の歴史的な資料や文学作品がたくさん存在しているね。

長い目で見ると、このせいで現代経済に不可欠な産業が発展するのが遅れたんだ。

・↑ 地理的な問題もあると思うね。

南米は縦に長くて、北米は横に長いんだよ。作物を育てる場合は東から西へ植えれば安定するけど、北から南に植えたら気候が変化するんだよ。北米と南米では作物を育てる能力が全然違うと思うね。

南米は北米よりも多様な小さい地形が多いんだ。これにより作物を育てづらい環境になっているんだよ。北米では80%が麦を育てるのに適した環境だけど、南米には20%しかないんだ。

・↑ 同意だわ。アンデス山脈とアマゾン熱帯雨林は簡単に農耕したり、開発することが出来ない場所だからね。道を繋げることすら難しいよ。

・↑ より簡単に言うと、植民地政策には二つの種類があるんだよ。

イギリス領インド、南米、アフリカは金を得るために地元の人間を働かせる政策。

そして北米、オーストラリアは西洋人が居住して地元の人間を排除して植民する政策さ。

つまり後者は基本的にヨーロッパみたいな国を作っているだけなんだよ。

・↑ これがまさに7年生の時にブラジルで習った内容だわ。だいたい20年前の話だけど。

・↑>西洋人が居住して

つまり虐殺ということかい?

・↑ ケースによってはイエスだね。

・↑ オーストラリアでは原住民の赤ん坊を盗むことを好んだようだけどね。

・↑ それは後半の話で、俺達はまず虐殺から始めたから。

・ 地理的な問題を追加すると、ラテンアメリカのほとんどが熱帯地域だということだね。

現在においても、たくさんの低地の街でマラリアやデング熱が発生しているよ。そして病気の無い高地は港から離れているんだ。

・ 北米に来た人は居住して、南米に来た人はただ盗みに来たから。

・↑ この回答が気に入ったわ。短くて分かりやすいね。

・ 自分は北米はエイリアンから技術を貰ったけど、南米はタコスしか貰えなかったって歴史の番組から学んだよ。

ソース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする