シンガポールは中国に忠誠を誓っているみたいな風潮なんなの?【海外の反応】

・ まじでシンガポールが中国に忠誠を誓っているみたいな意味不明な風潮はどこから来ているの?

仕事や社交生活で中国人と会う機会が結講あるんだけど、シンガポールは中国に忠誠を誓っているとか、家族の一員だみたいなことを聞いて毎回愕然とするわ。

ジョークで言っているんだと思いたいけど、自分の従姉妹と結婚した義理の兄弟達(中国人)がシンガポールに来た時、彼らはシンガポールが中国の一部であるかのようにまじで語っていたよ。全く何も疑問の余地もなく当然のように言っていたね。自分達シンガポールが中国の一部なのは、水が濡れているとか、火が熱いみたいに当たり前のことなのさ。

一体中国政府は彼らに何を教えているんだ?

それからたまに中国に忠誠を誓っているネチズンがいるよ。いやまじであいつら一体何を考えているの?

この売国活動に不快感を抱いているマレー人の友人達がいて、自分はこれについて彼らとよく話し合っているよ。

これが中国人の大体数の意見ではないと聞けると嬉しいね。あるいは少なくとも我々の独立に文句を言っていないと嬉しいよ。

・ それは中国だけじゃなくて、アメリカでも同様だよ。

アメリカの大学に居たときに、本土人が自分のレポートを写させろって言って来たんだ。それで自分がノーって言うと、あいつらは民族の裏切り者とか中国への裏切りだって言って来たよ。

その時は学長に報告して中国に送り返してもらったわ。

それからロシアが最近ジョージア(グルジア)、モルドバ、ウクライナで「同じ文化と言語と民族性をもつ仲間を保護せよ」みたいなことを掲げて、特に何も弾圧が起きていないのに介入して暗躍しているのを受けて、中国は最近大胆になってきていると思うね。

中国の外交官がマレーシアで似たようなことをしたのはこれがヒントになっているんじゃないかと思うよ。

黄恵康と「北京はマレーシアのいかなる形の人種差別にも反対し、暴力的なデモを認めない」ってやつを見てみるといいよ。

・↑>民族の裏切り者とか中国への裏切りだって言って来たよ。

そいつらこそ党に対する努力を怠り、中国人の優れた知性を証明できなかった真の裏切り者だと言ってやるべきだったね。

・↑ イギリスで中国人留学生から同じ経験をしたわ。民族の裏切り者みたいなことを言われたね。

くだらん批判的な戯言を言ってきた中国人留学生を助けることが出来て本当に嬉しかったよ。それからは二度と助けなかったね。

・ たぶん中国の海外の中国人から忠誠を求める活動から始まったことだね。

念のためにここにいる50セントアーミー(五毛党)のために書いておくと

親愛なるチャイナ

ノー

シンガポール人より心を込めて

・↑ なんで50セントなの?

・↑ 中国を称賛するコメントをする度に50セント貰っているから。

・ 中国は「海外の輝かしい中国人家庭が中国人をサポートしてくれている」みたいなプロパガンダを国内に流しているんだよ。

これは人から聞いたんじゃなくて、実際に中国に行った時に国営TVで放送されているのを見たんだ。控えめに言っても困惑する内容だったね。

まぁでも教育を受けている層でこれを信じているのは少数だと思うよ。自分の知り合いは中国のプロパガンダだと笑い飛ばしていたからね。

とはいえ中国のプロパガンダはシンガポールで経験するよりもはるかに普及しているから、過小評価するべきではないけどね。

・↑ 台湾人だけど同意だわ。

・ たぶん台湾に仕掛けているのと同じ戦略だよ。ただし台湾と違って、シンガポールは中国の領地になったことは一度もないから、よりアホらしく映るけどね。

・ 中国人の「カニ思考」は本当に強いと思ったわ。文化的なものなのか、政府がそう教えているのかは知らないけどね。

海外の中国人は彼らにとって「自己人」で外人ではないんだよ。

■カニ思考

「自分が出来ないんだからお前もするな」っていう同族の足を引っ張り合う思考。

・ 外国人だけど、シンガポールを中国の国って考えている人を見たらすぐ訂正しているわ。

国籍よりも民族の方が強い結びつきがあると考えている人がたくさんいるね。それほど劇的ではないにしても、シンガポール人ですらそう思っている人がいるよ。

・↑ ああ、これは毎回本当に鬱陶しいわ。

どこ出身だい?→自分はアメリカ人だよ→イェアー、そうじゃなくて本当はどこ出身なんだい?→…カリフォルニアだよ。→OK、君の親はどこ出身なんだい?→親はアメリカ市民だよ…

っていうのをどこの民族か聞かれるまで永遠と繰り返すのさ。

・ イェアー、これはおかしな話だよね。

自分は中国人留学生の教師をやっているけど、自分が完璧な中国語を話せないことを生徒の親たちによく怒られるよ。自分は中国人なんだからちゃんと話せないと駄目なんだってさ。

ソース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする