なんでみんな異世界ものが嫌いなの?【海外の反応】

・ 何でここにはこんなにisekaiものが嫌いな人が多いの?お前らの夢が叶う小説じゃないのかい?

・ いや、誰かの夢を叶う物語であって、見ていてきついよ。

・ なぜなら同じようなコンセプトしかないから。

・ 70~80年代にアニメを見てきた人がメカジャンルしか好きじゃないのと同じだと思うよ

自分は1990~2000年代のアニメを見て育ったけど、isekaiものは十分楽しめているね。

・ アニメはリアルじゃないんだぞ。分かっているかい?

・↑ たぶん投稿者は多元宇宙論を信じているんだろう。

・ 別に自己投影して読んでいるわけじゃないよ。単純にファンタジーが好きなんだ。

・↑ これね。

・ 自分は一般人とは大分違うけど、願望をそのまま投影したご都合主義の主人公が出てくる恥ずかしい異世界ものは全然楽しめないね。

全ての異世界ものが悪いとは言わないし、多くの人が同じように感じているとも思わないけどね。

リゼロはまぁOKだけど名作とは程遠いし、典型的な異世界ものだね。小説のほうがもっと良いらしいし、続きを楽しみにしている人も多いようだけどね。

このスバは面白いファンタジーコメディだと思うよ。ここでも楽しみにしている人がたくさんいるね。

オーバーロードはただの異世界俺つええ主人公ものだけど、ただの願望まる出しのクソや逃避主義者みたいな感じよりも良いストーリーになっていると思うよ。これもたくさん楽しみにしている人がいるね。

基本的にジャンルが問題なんじゃなくて、書き手が下手か欲望が分かりやすすぎて駄目なんだと思うね。

・ ファンタジー設定はどれもつまらないわ。

どこの誰が電気も便利な製品もない場所で、化物や悪者に襲われたいと思うんだい?戦士になるとかまじで面倒くさいだろ。ファンタジーの良さが全く理解できないわ。

・ 異世界はただの劣化版ファンタジーだよ。

・ 問題はほとんどの小説家が異世界ものを作っているということだね。

異世界ものっていうジャンルが既に成り立っていて、特に設定を考えずとも小説を書き始めることが出来るんだよ。

小説家によってはプロットを広げる必要があるときだけ新しい世界設定を考えて、何も準備しないで怠けているんだよ。

とはいえ、そのせいで異世界ものを書いている人は罠に陥っていると思うね。

主人公が持つ能力で何もかも解決出来るから、特に盛り上がりがないし、主人公がこの後どうなるんだろうかとか、やられてしまうんじゃないかみたいな作品を読み続けるモチベーションがなくなっているんだよ。

なぜなら読み手は既に主人公が特に苦労せず解決することを知っているからさ。特に何もリスクがないんだ。

こういう種類のファンフィクションはゴミだけど。とはいえ売り上げを伸ばすために、作者にはこの選択肢を選ばずを得ないというのもあるね

・ 問題は別に異世界ものだからではなくて、書いている人のほとんどがアマチュアだからだと思うね。

・ 異世界ものは創作小説が出来たのと同じくらい昔から存在しているよ。

問題はこのコンセプトが怠惰に使い回されて、ライトノベル、漫画、アニメみたいなメディア全体の質を低下させていることだね。

日本のビジネスマンは型通りにするのが大好きで、お金を稼ぐことが第一、エンターテインメントはその次なんだよ。これはWW2後の効率的な生産性から来たものだと思うね。

異世界ものは型にはまっているから、少しの努力で大量に生産できるし、効率が良いから日本の文化にもぴったり合っているんだよ。

・ 異世界ものはほとんどがゲームやそのメカニックをベースにしているから自分で考える必要がないんだよ。

例えばこのスバはゲームのHPバーを無くしただけさ。

・ 理想化したMMOの実況動画みたいなものだよ。

・ どれも基本同じタイプのキャラクターしか出てこないからだよ。特に主人公がね。このすばだけは例外だわ。

・1.地球から人を使うから没入感はあるけど、世界観が壊れている。

2.主人公が万能過ぎる。盾の勇者の成り上がり、オーバーロード、モンスター、スライム、ありふれた、は全部同じだよ。クラフトも出来るし、戦えるし、無限にリソースを持っているし、知識もある。

別に強いキャラクターが駄目なわけじゃないけど、何もチャレンジするような場面がないからつまらないんだよ。

3.世界感を作るのに何も工夫をしていない。単に既に知っている要素に頼っているだけさ。そして何より酷いのが、そういう要素の設定を考えずに適当に投下していることだね。

・↑ ほんとこれだわ。ゲームのありきたりな要素を他のメディアに使っても別に面白くないし、安っぽい作品に思えるわ。このすばはジョークとして使っているからまだ耐えられる。

・ 異世界ものは世界感を考えずに済むから、小説家はイベントやキャラクターにもっと時間をかけることが出来るんだ。

でも実際はほとんどの異世界小説家は酷い書き手で、アドバンテージを全く生かしていないんだよ。

・ 実際の世界を考えるのが面倒だから、ゲームのロジックを使っている。まさにこれだね。

そしてゲームのロジックはこのジャンルではもう飽和しているんだよ。

本当はゲームの中に閉じ込められたストーリーを作りたいんだけど、そういう設定を作るための良い説明が思いつかないから、異世界を作って説明しなくても済むようにしようという感じさ。

・ 念のため書いておくと、無職転生が唯一の良い異世界ものだよ

主人公は強すぎないし、なんども負けるし、どの章でもこれはまじでやばいっていう展開があるからね。

・ なんでいつもファンタジーなんだ?サイバーパンク異世界じゃ駄目なのかい?

・ 問題は異世界ものにはたくさんポテンシャルがあるけど、日本は既に誰かがやったクソをずっとリサイクルしているということだね。

日本人のオタク/ニート/負け組/除け者/ゲーマーが何らかのアクシデントで異世界に行って、ゲーム経験とか知識でなんでも倒すことが出来るんだよ。

まじでこういうクソばかりで、違うと思ったのは今までに二つしかないよ。

・ 漫画とライトノベルの違いは、ライトノベルの方が圧倒的に簡単に着手出来るということだね。

漫画の場合は少なくとも絵を描く才能が必要だけど、ライトノベルは時間さえあれば文字通り誰でも書くことが出来るんだよ。だから今のライトノベルはそういう風になっているのさ。

そして視聴者は小説のカバーに出て来る女の子が可愛くて、没入感のある作品なら質は全然気にしていないのさ。

お前らでもライトノベルなら成功出来るんだよ。

ソース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    転生である意味がないからでしょ
    オナニーを見せられてる気分になるので不快に感じる

  2. 匿名 より:

    オンリーワンを付与する異世界
    引き継ぎ二週目の転生