日本人って西洋にたくさんいる日本大好きな人のことをどう思ってるの?【海外の反応】

・ 日本人に聞きたい:

日本の伝統文化に完全にハマっている西洋人がたくさんいるけど、正直なところそういう人をどう思っているんだい?

・ 日本で生まれて日本で育った者だけど、自分たちの文化に興味を持ってもらえてとても嬉しいよ。日本にはとても長くて面白い歴史があるからね。

とはいえ、日本をアニメを通して学んだ気になって、bakaとかkawaiiを会話で使おうとする人はちょっと鬱陶しいね。念のために言ってと、普通に日本語を上達させようとして話している人のことではないからね。

・ 1年間日本語勉強しているけど、学んでいることを秘密にしているよ。

そうじゃないとウィアブーだと思われたり、日本の女目的だと思われたり、日本語を知っている人に自分の日本語を批判されたりするからね。

・↑ 大学で日本語を取ったけど後悔しているわ。

元々は自分の興味ある企業が日本と提携しているから取ったんだけど、その後そういうステレオタイプがあるのを知ったんだよ。

クラスの80%くらいが変人かステレオタイプに固執している人間で、教師は全員日本人で馬鹿げた仕事倫理を押し付けてくるんだ。

ドイツ語を取るべきだったわ。

・ 日本人じゃないけど、大阪に5年間住んでいるよ。

漫画大好きな白人の子供は、黒人はみんな凄い髪型をしてダンスもとっても上手いと思っている日本人の子供と同じだよ。

気まずくなって苦笑いするような感じだね…何かに夢中になった子供は世界中同じだよ。

・↑ これね。日本にはヒスパニック/南カリフォルニアかぶれの大きなグループがいるよ。

アメリカに住んでいるメキシコ人よりメキシコ人っぽい恰好をしているわ。

・ 自分は日本人だけど正直なところどうでも良い。

・↑ 自分は日本人じゃないけど、すごく気になっているよ…

・ オタクやウィアブーは自分にとって鬱陶しいハエみたいな存在だね。

自分が半分日本人だということがわかると、「Oh、一緒にアニメをみようぜ!!」とか「イエエエス!一緒に寿司(実際はカリフォルニアロール)を食べに行こうぜ」みたいなことになって、彼らのウィアブー知識をこれでもかってくらい聞くことになるよ。

ワシントン西部に住んでいた時は特に酷かったわ。

・ 自分はコンピューターサイエンスを学んでいたから、クラスには何人かウィアブーがいたよ。

良いやつらなんだけど、たまにホーリーファックって感じになるね。

携帯のカバーがアニメの女の子だったし、みんな日本語を学んでいたよ。

・ マンガとJポップは伝統的な文化ではない。

・↑ 日本文化の最盛期について話すと、みんなセーラームーンやドラゴンボールを取り上げるのがムカつくね。

まるで恐竜のバーニーが西洋文明の要石であるかのような話だわ。

・↑ いやあっているよ。悟空は日本の古代の戦士だからね。全部本当にあった話さ。

・ ウィアブーは日本の伝統文化に興味があるわけじゃないぞ。あいつらは日本のファンタジーバージョンの文化やポップカルチャーが好きなんだ。

日本を聖地か何かのように考えて、実際に行って全然アニメと違うことに気づいた人を何人か知っているわ。

・↑ 西部劇が大好きなヨーロッパ人がアメリカに行って、全然違うことに気づいたり、ヨーロッパを王や城のある中世だと考えているアメリカ人みたいなものだな。

・↑ パリ症候群の逆バージョンか。

・ 日本人とアメリカ人のハーフで、生涯の半分を日本で過ごしている者だよ。

日本に夢中になっている人を見ると、なんだか愛国的な気分になるね。

他の文化の人にも愛されてるっていうのはクールで凄いことだと思うよ。

・↑ ポジティブなコメントを見れて嬉しいわ:)

・↑ お前はきっと孤独の内に苦痛にのたうち回って死ぬよ:)

・↑ 一気に100から0になったわ。

・ アメリカに来てカウボーイに夢中になっている日本人を想像してみるといいよ。

カウボーイみたいな恰好で歩き回って、ジョン・ウェインみたいな感じで話すんだ。馬鹿だと思われるだろうね。

・ パパフランク(日本人のハーフのyoutuber)がかつてこう言っていたよ。

「お前らは世界で最も外国人嫌いな文化を褒め称えているんだぞ」

・ 日本に住んでいる外国人だけどコメントしていいかい?

ほとんどの人は気にしていないよ。オタクは国籍を問わずオタクさ。

「日本すごいね」みたいなTV番組が結構あって、愛国心を刺激するために、どうして日本が好きなのか外国人にインタビューしてているよ。

・ 日本人はこういうシットな場所にはコメントしないだろ。

・ 日本人は真逆だよ。ボブサップやボビー・ラシュリーみたいなブラックアメリカンが人気になっているね。

ソース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする