なんでアジアの料理ではチーズを使わないの?【海外の反応】

・ 今までアジアの料理でチーズが使われているところを見たことがないんだけど、なんでなの?

・ 他にもコメントされているけど、ほとんどのアジア人は乳糖不耐症(牛乳とかを飲むと消化不良で下痢になる症状)なんだよ。

西洋人から見るとおかしな話だけど、実際はこれが普通の人間のコンディションなんだよ。

・ 昔のアジアには牛を育てる文化がなかったんだよ。だからほとんどの人がラクトース(乳糖)に耐性がないんだ。一方でヨーロッパ人はラクトースに耐性があるのさ。

普通の人間は思春期にラクトースの耐性がなくなるんだけど、白人はミルク大好きなのさ。

・↑ どうして牛を育てなかったのか興味深い話があるよ

wikipediaより:

ほとんどの中国人は最近までミルクを飲まなかった。

なぜならモンスーンの環境下での放牧は米の生産より経済的に劣っており、馬に乗ったりミルクを飲むのは遊牧民族の文化としてネガティブに思われていたからである。

また生物学的な理由もあり、ラクトースに対して耐性がない人が多かったこともあげられる。人間や他の哺乳類は、離乳した後でもミルクを飲み続けない限り、ラクトース酵素の生成を止めてしまうので、ラクトースの耐性の無さは、文化的でもあり、生物学的な理由でもある。

・↑ 「ガキがこんなところで何してやがる?ママのところに帰ってミルクでも飲んでな」

・↑ ガッデムモンゴリアン。

・↑ モンゴル軍はめちゃくちゃ凶暴な上に、チーズまで食っているぞ!

・↑>アジア人は歴史的に牛を育てなかった。

それは東アジアの間違いじゃないかい?

インドは大量に牛を育てているよ。

・↑ インドでは牛が人を育てる。牛バンザイ!

・↑ それにインド人はパニールを食べるしね。

・ 中国に数年住んでいる者だよ。

伝統的な見方をするなら、中国人は「ミルクは赤ん坊が飲むもの」だと思っているんだよ。そして現在でも牛乳は子供が飲むものだと基本的に思われているね。

チーズは外国の食べ物で、ほとんどのチーズは輸入したものだし、中国料理でチーズを見ることは滅多にないね。

一方でモンゴル人はチーズを作っているんだ。主にヤク、ヤギ、たまに馬からミルクを取っているね。

(ヤク)

・ここに中国人シェフがチーズに挑戦する古い記事があるよ。

Kicking Up a Stink

「うえっ、どうしてこんな気持ち悪いものを食べるんだ」みたいなリアクションが面白いね。

・ 東南アジアのほとんどの人はラクトース耐性がないんだよ。

だからチーズだけじゃなく、乳製品自体そんなに食べないね。

・↑ ミネソタ州に住んでいるアジア系アメリカ人だけど、俺の体はミルクを拒絶しているよ。

・ アジア人だよ。たくさん良いコメントがされているけど、逆にどうしてアメリカ人はこんなにチーズを料理に使っているのか?という視点で考えるのも良いと思うね。

20世紀後半に低脂肪牛乳が流行った時、たくさんの酪農業界が脂肪分を抜き取った牛乳を使わなくちゃいけなくなったんだよ。

それで政府が援助することになって、その答えがチーズだったのさ。チーズが再ブランド化されて、大量に安いチーズが出回るようになったんだ。

そしてかつては健康的な高たんぱく質食品だったものが、低所得者の肥満を助長させることになったんだ。

・↑ ロナルドレーガンのせいだね。

・チーズの消費量が過去30年間の3倍になった。

・年に平均33パウンド(約15kg)のチーズが食べられるようになった。

・これにより最高6万キロカロリーと、3100グラムの飽和脂肪を摂取することになった。

・ だからユダヤ人は中華大好きなんだよ。

チーズも肉も入っていないからね。

・ どうしてフランス料理では醤油を使っていないんだい?

・ 最近の話ではあるけど、韓国料理にはモッツァレラチーズやアメリカ料理を取り入れたものがたくさんあるよ。

例えばインスタントラーメン、トッポッキ、スパイシーチキン、スパイシーヌードルとかね。

「うえっ、アジア料理にチーズかよ?」って思うかもしれないけど、チーズと辛いものはよく合うからとっても美味しいよ。

・ フランス料理にどうして豆腐を使っていないのか聞くようなものだな。

ソース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする