日本人は円をyenではなくenと呼んでいる【海外の反応】

・今日知ったこと:

日本人は貨幣の円をyenではなくenと呼んでいるが、日本語辞書の製作者は発音が変わったのを知らなかったので、我々はそのままyenを使っている。

・ あー、でも「ん」の後に円が来る場合yenって発音を使っているよ。

だから頻繁に使わないってだけで間違いではないね。

・↑ そんなパターンある?

オーディオテープを聞いてみたけど、特に法則性はなくランダムに聞こえるよ。

そのテープだと二人の人が話しているから、個人の好みって感じだわ。

・↑ どういう状況でもenって発音できるならそれで問題ないと思うよ。

でも例えば千円や一万円って発音する場合、sen-yen、ichi-mann-yennかsei-en、ichi-maa-ennって発音しないと舌が回らないと思うね。

・ これは外国人が英語で「a」と言う所を「an」と言っているのと似ているね。

母音の前で言うならanでも正しいけど、個人的にはその人が英語が本当に不得意でない限りおかしいと感じるよ。

wikipediaによると、yenっていうのは江戸時代の終わりから明治時代に日本を訪れた英語話者が、「ゑん」という古いかな文字を見て翻訳したものだってさ。

16世紀の日本では「え」と「ゑ」は両方ともjeって発音で、ポルトガルの宣教師はこれをyeと翻訳したんだ。それから18世紀の中頃にまでに「え」と「ゑ」は「e」っていう現在の日本語の発音になったんだよ。

でも場所によっては未だにjeっていう発音が残っていて、1830年の日本語単語 の本だと「e」と「ye」の両方が存在しているんだ。その後にyeをeに修正する動きがあったんだけど、yenはそのまま残ってしまったのさ。

Yeは実際に今の日本でも使われていて、ゑびすや、徳川家康、いのうゑっていう苗字でも使われていたりするね。

京都の通りで「ゑ」が使われている標識を見たこともあるよ。今まで見たことがなかったからかなり混乱したわ。

・↑ 家康?今までこの名前にゑを使っているところは見たことがないけど。

・↑ それはたぶん今が現代だからだよ。

・ 新しい辞書を作る時は正確にしないとな。

・ NHKにようこそ!を見ていた時に、「1 million yen fine」って繰り返し言うシーンがあったんだけど、yenって言っていないように思えたんだよね。それで翻訳を調べたんだけど、hyakuman-yenではなくhyakuman-enって言っていたわ。

・ 沖縄に住んでいるけどyenって言っているところしか聞かないよ。

enとyenは発音がほとんど同じだから気づかなかっただけか、特定の人としか話していなくて彼らの発音が英語っぽいからなのかもしれないけどね。

・↑ たぶん方言的なものじゃないかな。

沖縄は日本ではなく琉球訛りの言葉を話していて、本土の日本語と比べてかなり違うんだよ。

自分は日本語の標準語を流暢に話せるけど、沖縄人と話したらアジアのどこかの言語だと間違うかもしれないね。

・↑>自分は日本語の標準語を流暢に話せるけど、沖縄人と話したらアジアのどこかの言語だと間違うかもしれないね。

えw冗談だろ。

たぶん君は沖縄に行ったり、沖縄人と話したことがないんだろうね。

自分はあるけど、基本違いはなかったよ。

・ 韓国も似ているよ。wonって行っているけど、どっちかというとonって発音だね。wはそんなに強調しないんだ。

・ 自分は沖縄に住んでいて、母親は半分沖縄人、祖母は沖縄人だけど、今までenって発音は聞いたことがないよ。

家族も他の人も聞いたことがないと思うわ。みんなyenって言っているよ。

ソース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする