lとIを考えた人って何を思ってこうしたの?【海外の反応】

・lIlIlIlIlIlIlIlIlIlIlI

IoI

・ さらに言うと自分の記憶が確かなら、初期の頃のタイプライターでIとlと1は同じキーを使っていたんだよ。|ってパイプ記号についてはもう言うまでもないね。

・↑ だからパイプ記号|は昔のコンピューターだと ¦ って破線になってるんだよ。

・↑ 1も!もなかったから、!を表すのにコンマ→バックスペース→アポストロフィと打っていたんだよね。

・↑ へい、そうやってた時代を思い出したわ!

1がなかったかどうかは思い出せないけど、間違いなく!を入力するのにそうしていたわ。

・↑ これね。昔の50~60年代のタイプライターには1がなくて、Lの小文字を使っていたんだよ。

・↑ タイプライターを持っているけど、これで合ってるよ。

1とlとIが同じキーで、Oと0も同じキーだね。

・ 問題は大文字のIの上下の横線を無くしていることだね。これを戻せば問題解決だよ。

・↑ ほんとこれね。

Iの横文字を書いている手書きのフォントを使っている者としては、Segoe UI以外のほとんどのsans-serifフォントで文字が曖昧すぎて残念だわ。

自分の使っているフォントだとこんな感じだよ。

・ 西洋で印刷技術が広まるまで、書き方っていうのは常に流動的だったんだよ。

「この文字を書くのは時間がかかる、筆記体にしてもっと早く出来るようにしよう。」

「この文字は複雑で読みづらい。もっと丁寧に書いて簡単に読めるようにしよう。」

「また書くのに時間がかかる。筆記体を使おう」

「また読みづらくなった。もっとフォーマルな形にしよう」

つまり簡単に言うと、縦線一本っていうのは非常に書きやすかったのさ。

・ だからブラウザのアドレスバーでは区別できるようなフォントを使っているんだよ。

文字を区別できるようにしているのさ。

・↑ クロームを使っているけどそんなことないぞ。

・↑ たぶんブラウザによるね。自分のFirefoxは違うわ。

そうするべきだとは思うけど:-/

・↑ 自分のFirefoxはそうだよ。たぶんバージョンによると思うね。

・↑ たぶんOSによるんじゃないか?

・ 世界のほとんどではドレミファソラシにABCDEFGを使うけど、デンマークではAHCDEFGって使うんだよ。

変だと思うかい?

これには理由があって、文字を書いた僧侶がbとhをすごく紛らわしく書いていたんだよ。それでデンマーク人はbをhだと思って読んでいたのさ。

・↑ ドイツでも同じだわ。

どうしてこうなっているのかと不思議に思っていたけど、ようやく分かったよ。ありがとう!

・ 学校でIをlに変えてエッセイを出してみたけど、普通に良い点がもらえたよ。

・ 自分のミドルネームはIlianysなんだけど、投稿者の気持ちはよく分かるわ。

まぁミドルネームだからそこまで被害はないけどね。

・ 初期の頃のインターネットでは、チャットルームでこれを利用した罠があったよ。

釣師:裸の画像みたい?ならPENlSって入力して!

犠牲者:PENIS!

犠牲者のアカウントが24時間凍結される。

・ 名前が大文字のIから始まるものだけど、驚くほどたくさんの人がLだと誤解するよ。一体どこにLの小文字から名前が始まるやつがいるんだよ。

・ 自分はIanって名前だけどよくLanって呼ばれるわ。なんでこんな世界に住んでいるんだろうってよく考えてしまうね。

・ 実際はIの上下には線があるわけだから、Iとlをタイピングした時に同じようなフォントにデザインしたやつが悪いよ。

ソース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    「と」を考えた人の話かと思ったわ