「いただきます」って外国人が言っても良い言葉なの?【海外の反応】

・ 家族で初めて数週間日本に行くんだけど、家族に「いただきます」の意味を説明していたら、それは外国人が言っても良い言葉なのかどうか聞かれたんだよ。

言うべきなのか言わない方が良いのか教えてくれないかい?

・ 日本人だよ。

言っても全く問題ないよ。発音も気にする必要はないさ:)

自分は毎回誰かと一緒に食べる時に言っているよ。

このスレッドでも指摘されているけど、「さあ食べよう!」みたいなのをより丁寧に言っているだけさ。

・↑コメント欄に本物の日本人がいるぞ。

・ 公共の場で言っている人はほとんど見たことないね。

仮に言っているとしても静かに言うか、高齢の人が言う場合が多いね。

下のような状況でないかぎり言う必要はないよ。

1.料理を作った人に直接言う場合。例えば誰かの家で食事をする時とかね。

2.内密に静かにお祈りするタイプの人の場合。

若者に人気の騒がしい居酒屋で、ウェイトレスに対して「いただきます」と言っている観光客を見たことがあるけど、ウェイトレスの人は呆気にとられて笑っていたよ。

「ごちそうさまでした」のほうがより一般的だね。これも料理を出してくれた人に対して言うんだけど、「食べ物を出してくれてありがとう」みたいな意味だから、「いただきます」より一般的で、気楽に使える言葉だよ。

他の手段としては給士してくれる人に対して「ありがとうございました」って言えば大丈夫だよ。

要するに「いただきます」っていうのはアメリカで言うところの「食事を与えてくれた神に感謝を」って意味で、「ごちそうさま」が「シェフに感謝を」って意味なのさ

・↑付け加えると、「ご馳走様でした」はシェフに感謝する以外にも、奢ってくれた人にも使うね。

・↑なんてこった。これは恥ずかしいな。

・↑たぶんその観光客は「ありがとう」という意味で使ったんだと思うよ…まぁ自分も笑ったけど。

・ 他のコメントと違った考えを載せておくよ。

個人ごとに食事の前に「いただきます」と言う人は少ないと思うね。(自分は面白いから静かにやっているけど)

とはいえ、団体で食事をするときは先に食べるのが失礼な時があるんだよ。

a)上司がまだ食事を出されていない。

b)グループの人がまだ料理を待っている。

というような時は「いただきます」が食事を開始するシグナルになるんだ。

あとはまだ料理を待っている可哀想な人への断りとして、「すみませんが、先に頂きます」みたいな意味で使うね。

・ 自分の経験から言うと、「いただきます」は団体でテーブルについているときに使っているね。

ウェイトレスや他の食事をする人のために言っているのではなく、お祝いするように言ったり、物々しく言ったりする感じでもないね。

もし日本人が近くにいるなら、彼らの真似をして言ってから食事するといいよ。

静かに言うかもしれないし、大声で言うかも知れないけど、別に大声で言う必要はないね。

もし日本人が周りにいないなら特に大きな問題ではないよ。

自分で「ヘイ、日本人は食事をするときにいただきますって言って、乾杯するときはkanpaiって言うのを知っているか」みたいなことを言わない限りはね。

ソース:日本に4年間住んでいて、法律上日本人で、妻と友達と同僚が日本人。

・↑これが正確な回答だね。

日本人がいただきますって言っているのを良く聞くけど、それ以上に何も言わないことの方が多いよ。

どっちかというと日本人じゃない人の方が言っているね。

あと人によっては主菜がくるまで待って、前菜みたいな食べ方をしない人が多いね。

それからより宗教的な人の方がいただきますと言っていると思うわ。

・↑自分もそういう経験をしたわ。

サラリーマンが列車に乗る前に手早く一人で食事をするときはどうするか?そういう時はいただきますとは言わないし、言っても静かに言っているよ。

団体客の場合は?イェアー、おそらくいただきますと言うだろうね。「さあ食べましょう!」とか「食おうぜ!」みたいな感じさ。とはいえ大声で言う必要はないけどね。

自分はみんながつぶやくように言うのを待つことが多いよ。まぁそれは自分が外国人で「いただきます」というのを忘れることが多いからなんだけどね。ハハ。

・別に必要ないよ。

レストランで他のテーブルの人が言っているのを聞いたことがないわ。

・これは食前のお祈りみたいなものだよ。もうこんなのやっている人はいないだろ?

・どうして駄目だと思うんだい?ちょっと気になったわ…

まぁ質問に答えると、言っても全く問題ないよ。でも発音くらいはちゃんと出来るようにした方が良いだろうね。

・一度も誰かが言っているのを聞いたことないよ。

・いや、日本語の勉強をしたんだなって喜ぶと思うよ。

ソース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする