今日学んだこと、日本は二回も強力なモンゴル軍に攻められたことがある【海外の反応】

・日本は二回も強力なモンゴル軍に攻められたけど、二回とも強烈な嵐がモンゴル軍を襲ったから助かった。

そして日本ではその嵐のことをKamikaze、神聖な風と呼んでいる

・History of Japanで触れているぞ。

・↑新入生に世界史を教えているけど、実際にこの動画を生徒に見せているよ。

そしてたらすごい食いついてくるからね。

・↑だろうね。この動画はとっても面白いし情報もよくまとまっているよ。

こういう動画は大好きだわ。

・モンゴル軍は中国から船を調達したんだよ。それでほとんどの船は竜骨のない川で使う船で、海に出るようなものではなかったんだ。でも内陸国の遊牧民族はそんなこと分からなかったのさ。

・↑中国人たちは「絶対言うなよ、面白くなるからさ」みたいな感じだっただろうね。

・嵐だけで救われたわけじゃないけどね。

中国人の海軍指揮官がクビライ・ハーンの元で戦うのに乗り気じゃなかったっていうのもあるよ。

・↑それに川用に設計された船がたくさんあったっていうのもあるよ。

・kamiが神で、kazeが風って意味なのは知っていたいけど、組み合わせて使っていたとは知らなかったよ。

・西洋にも神風ならぬ「プロテスタントの風」があるよ。これでスペインの無敵艦隊を倒したんだ…

・↑神が屁をして、船を沈めたんだな。

・・トリビア

日本軍がWW2で降伏した後、アメリカの艦隊がやってきたけど同じように嵐が吹いて実際に損害が出た。

すでに日本軍が降伏していて幸いだったね。

・やっぱり日本に行くのはやめよう。あそこは馬鹿げた場所だ。

・↑モンゴルにとってはね。

・ヨーロッパへの侵略が止まったのもすごい偶然だよね。

何度か侵略しに来たけど、チンギス・ハーンを含む主要な人物の死亡で退散したんだ。

・雨季に攻めるのはやめておけと。

・日本の侍と戦う一方で、ヨーロッパのチュートン騎士団とも戦っているのが凄いよね。

・ベトナムもモンゴルを退けるのに成功しているよ。

陸続きなわけだから、海を越えた日本の侵略よりもすごいと思うね。

・木造の船で軍隊を動かすなってことだね。

イングランドがナポレオンやヒトラーから生き残ったのも、これが大きな要因だと思うよ。

海を越えて大軍を動かすのは難しいんだ。だからD-デイは有名なんだと思うよ。

・↑ナポレオンもヒトラーも海に出れる戦艦を持っていなかったって言いたいのかい?

王立海軍がいたおかげだよ。もし海軍がいなかったら、ローマ侵略やノルマン征服みたいになっていたさ。

・むしろKAMIKAZEが聖なる風だということを今知ったわ。

・自然が敵を倒してくれるんだから、日本人が自分達を選ばれし民と考えていたのも不思議ではないね…

もし自分にも同じことが起きたらそうなると思うよ。

・いや台風は初めの一回だけだよ。

最初は偵察でやってきてすぐ帰ったんだ。7年後は本気だしてやってきたけど、侍の防衛線を2ヶ月破れずにいて、台風の季節がやってきたんだよ。

日本人は台風がやってくるのを知っていて、必然的にそうなったんだ。侍の計略だったんだよ。

・嵐については片方しか証拠がないけどね。

ソース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    中国じゃなくて高麗(朝鮮)だろ
    しかも元の将軍に日本侵略を進言したのも
    元寇の前年まで元と戦っていた高麗人だ

    あと偶然台風が来たんじゃなくて高麗の船と元が弱かったから
    何か月も上陸できず橋頭保すら築けずにもたついてる間に
    とうとう台風シーズンが到来したってだけ

    元と高麗が日本より強かったら上陸してるわ

  2. 匿名 より:

    神風はウソ。サムライが強かっただけ。

    台風が来たのは、日本には敵わないからそろそろ撤退しようかと船で休んでいた時。

    日本侵攻の発案者も韓国人(朝鮮人)なら、攻めて来た兵隊の9割以上も韓国朝鮮人。

    内訳としては、「韓国人+北朝鮮人」=5割、「朝鮮族中国人+南宋中国人」=4割、「もとからのモンゴル帝国人」=1割以下。

  3. 名無しさん より:

    まー偶然風が吹いてとかいうのは否定されてるなw
    夏場に何ヶ月も日本近海におれば台風の10個位は平気で通り過ぎるわけで
    木造船がそーそーもつわけねーわなw

    • 匿名 より:

      しかも作ったのは高麗人だからな
      外洋航海術なんて欠片も持ってない土人ぞ

  4. 匿名 より:

    今更か!!てのが正直な感想よな。
    元寇についてはしばらく以前から専門の歴史学者が上げている動画もあるのになぁ。