ブラジリアン柔術と柔道、どっちが護身術に向いている?

・ああ、言いたいことは分かるよ。銃を持つか逃げろetcetcって言うんだろ。

そうじゃなくて、柔道vsBJJ(ブラジリアン柔術)だとどっちが護身に向いているか教えてくれ。

・自分の意見だと柔道に分があるね…ただし一般的な体格の男性の場合だけど。(女性や背の低い人はどっちもどっちだと思う)

理由をあげていくよ。

1:ほとんどの争いは立った状態で行われる。

2:相手が立っていても倒れていてもどっちでも対応できる。

3:柔道の方が構えが自然。これは重要な要素だよ。BJJやレスリングの構えっていうのは普通に歩いている状態でまずしないからね。

相手を脅威に感じたとして、レスリングみたいに構えたら相手を刺激して状況をより悪化させることになる。

それに構えを取ったら奇襲が出来ないしね。

4:柔道の方がバランスが良い。BJJが立ち技を練習するよりも、柔道の寝技の練習の方が多いよ。

5:茶帯の柔道家は青帯のBJJ家に寝技で負けるだろうけど、ほとんどの一般人には勝てる。

6:戦いをすぐ終わらせれる。例え投げをミスっても逃げるチャンスは出来る。

7:柔道の方が受け身が上達する。

8:立っている状態の方がすぐに逃げれる;)

・柔道は立ち技が強くて、BJJは寝技が強い。

・どっちも良いよ。

自分はBJJもやっている柔道家だけど、6ヶ月も練習すればまともなレベルになると思うよ。

BJJなら立ち技+ボクシングを教えているジムが良いね。

柔道の黒帯を持っている人が経営しているBJJのジムがあって、そういうところだとBJJに柔道のテクニックを組み合わせて教えているんだ。

個人的には護身のためなら柔道(あるいは立ち技)のほうが使えると思うね。柔道家であれば大抵の状況に対応できるよ。

相手が訓練してないゴロツキで寝技で戦える状態だとしても、自分なら立って戦うね。

良い柔道道場であれば寝技も教えるから、相手がBJJやレスリングでもやっていない限り寝技でも大抵勝てるよ。

寝技は重要だから、地面に倒れるような状況になった時は少なくとも逃げる方法は知るべきだね。

柔道に寝技以外に問題があるとすれば習得に時間がかかることだね。

もし自分のBJJジムに来たなら6ヶ月後には素人相手ならほぼ確実に勝てるようにしてあげられるよ。

でも柔道道場で6ヶ月だとどうだろうか?自分だと何も約束は出来ないな。おそらく6ヶ月後も白帯か緑帯だし、すこし動きに慣れたくらいだと思うよ。辛うじて投げれるくらいで、投げられないようにするので精一杯だと思うね。

でも黒帯を取るくらいになれば怖ろしく強くなれるよ:D

そういうわけで週に柔道を3日、BJJを2日習えばOKさ;)

それからBJJを習う時はBJJに対して柔道を使ってみるといいよ。脚を掴まれたり、首を絞められた場合にどうすればよいのか学ぶ必要があるからね。

・BJJの教室で柔道を学べば良い。

・BJJ一択。簡単に相手を恐怖に陥れることが出来る。

・どんな相手を想定しているんだい?

もし素人相手ならおそらく柔道が良いね。投げて好きな場所に叩きつけると良いよ。

BJJはより高度な状況下で使う技だよ。相手が訓練した格闘家である場合とかね。

まぁでもどっちでも十分上手くやれると思うよ。

もしより正確な回答が欲しいなら、状況をより詳細に書くべきだね。

・どっちも良いよ。

良い柔道家が外で相手を投げたらその時点で試合終了だよ。その後寝技をするかは柔道家によるね。

BJJ家のほとんどは立ち技が下手だね。でも寝技に持ち込めばほぼ勝てるよ。

でもストリートファイトをするなら寝ていると何が起きるか分からないから、出来る限り避けたほうが良いよ。

BJJも柔道も1on1には良いけど、相手が複数なら打撃技のほうが良いね。

・柔道(あるいは立ち技もやるBJJ) + ボクシング

・↑まぁ柔道+ボクシング、BJJ+ボクシングならどっちでも十分だけどね。

・BJJは色々な状況で使えるけど、もし同じような体格の相手に対して速攻で戦いを終わらせたいなら柔道が断然良いよ。

・「護身術」が必要な状況っていうのは、ほぼ100%相手を傷つけたらいけないような状況なんだよ。

例えば酔っ払ったお隣さんとか、飲んで暴れた友達や家族とかね…だからマウントを取って頬を突くくらいで十分なんだ。

コンクリートに対して相手を投げるのはオーバーキルだよ。

・↑その通りだね。でもまあ自分は柔道の技を使って、冗談で優しく投げ下ろしたりしてるよ。

とはいえ自分もBJJが良いと思うよ。一般人を投げるなら十分な柔道技を覚えれるし、掴みやレスリングの技術も覚えれるからね。

・柔道。頭から落とせばそれで争いは終了だよ。

・柔道家はほとんどの時間を掴み、投げ、体制を崩さないように費やすから、護身術としてはそれで充分だよ。

・相手のスキルにもよるけど、99%BJJをお勧めするよ。

柔道を護身に転用するとしたら、相当練習しないと無理だね。少なくとも自分はそう感じたよ。

ソース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    大事なのは心構えだよね。
    どちらも充分な殺傷力が有るわけで。
    抑えた戦いは柔道に分があるような気がするね。

  2. 匿名 より:

    投げ技は有効だけど、有効すぎるきらいがある
    下が柔らかい土なんて場合はほとんどないわけで、固い地面に叩きつけたら
    受身を知らない相手だと重傷負う可能性がある
    脊髄損傷とか頭を打ちつけたら最悪死んでしまう
    柔道とか柔術みたいな、ある意味、必殺系の格闘技は護身には向かないかも