米を育てるのに水に浸す必要はないって知ってた?【海外の反応】

・水田を使うのは雑草を無くすためなんだってさ。

米にはそんなに水は必要ないんだけど、そういう環境でも生き残ることが出来るんだ。

一方雑草は水がたくさんあると生き残れないから淘汰されるんだ。

・水を使ってクランベリーを収穫するのも面白いよ。

クランベリーもみんなが思っているほど水は必要ないんだけど、水に浸すと実が浮いてくるから収穫が簡単になるんだ。

・↑自分はクランベリー農場で働いていたけど、水を抜き取ってから芝刈り機みたいなマシーンで刈っていたよ。

そっちの方が断然効率が良いんだ。

浮かせたまま収穫している農場は、そういうマシーンを持っていないからだよ。

・これは面白いね。なんで米にはあんなに水が必要なのか、いつも不思議に思っていたんだ。

・場所によっては水田で魚を育てて、水田養魚をしている場所もあるね。

魚が虫とかを食べてくれるし、底の土をかき混ぜて雑草の成長を抑制するんだよ。しかも糞が肥料になるし、魚も収穫できるようになるんだ。

・↑そして何より、蚊を食べてくれることを忘れちゃいけないぞ。

・↑虫を食べるって書いたけど、まぁそうだね。

蚊がいなくなれば、蚊を媒介にした病気の予防にも繋がるよ。

・↑ルイジアナやノーザンカロライナの米農家ではザリガニを使って同じことをしているよ。

そこの水田の近くで、今まで見た中で一番太ったアライグマを見たことがあるわ。毎日好きなだけザリガニを食べることが出来るのさ。

・↑TED talk(インターネットで無料配信されている世界規模の講習会)で、スペイン人の男性が水田でやっているかは忘れたけど、成功しているエコシステムとして紹介していたよ。こういうのがもっと広まるといいね。

・これはクレイジーだね。水田を見ていつも不思議に思っていたけど、雑草が理由だとは思い浮かばなかったわ。

・そしてこういう状況で何が問題になるか分かるかい?蚊だよ。

収穫は大変だろうね。

・↑だから日本では水の中に鯉がいたりするんだよ。それが幼虫を食べてくれるし、鯉自体も食べれるんだ。野菜と肉を同時に育てることが出来るのさ。

・↑一石三鳥だな。魚は米の肥料を作り、虫を食べ、魚自体も食べれる。

・↑それで日本人は年に数回鮫を放って、鯉を処理させているのかい?

・↑日本の文化を考えれば、魚がいすぎて困ることはないだろ。

・初めて水田を見学したとき、水田の中に虫とか何かいるのかなと思って観察してみたんだ。

そしたら蟹がたくさんいたよ。何百という蟹さ。だいたい1~5インチ(2.5~12.5cm)くらいだったと思う。

その後、料理に蟹が出てきて大変だったわ。まさか蟹が出てくるとは思ってもいなかったんだ。

・藻類を食べさせるのに鯉も放流しているね。

鯉が増えたら食べてもいいしwin-winさ。

・台湾の元旦那の家は水田に囲まれているんだよ。

とっても綺麗な場所なんだけど、蚊がすごくてね。

台湾の蚊っていうのは本当にとんでもないんだよ。

・↑アメリカに住んでいるけど、自分の街もそうだよ。水田がたくさんあるんだけど、蚊は本当に悪だわ。

・良い話だね。小さな発見だけどいかに人間が賢いのかが分かるよ。

・↑だね!誰だか知らないけどこれを発見した人に感謝したいわ。

・自分はインドに住んでいて、家族は米を育てているよ。

熟練の農家でもなんで水を使っているのか知らないけど、伝統だからやっているわ。

・蚊の大量発生にも一役買っているね。ファック。

ソース:田舎に住んでいて水田に囲まれている。

・自分の人生は全て嘘だったわ。

水田に囲まれた場所で暮らしていたけど、農家では雨季に米を植えるから、水がたくさん必要なんだと思っていたよ。

なんてこった!なんだかすごく合点がいったよ。

・ザリガニを育てるのに良い場所でもあるしな。

ソース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1.   より:

    一人くらい連作障害を防ぐ効果について触れるかと思ったけど、いなかったのが残念。

  2. 匿名 より:

    田んぼにあんなに大きな蟹っているのか…見たことなかったな…。
    ザリガニや鯉が出てきてなんで鴨がスルーされたのが不思議。

  3.   より:

    日本も水稲が伝わる前は陸稲だったしな
    畑(国字)は焼き畑のことだし

  4. 匿名 より:

    畑で陸稲を栽培すれば、水田が広まったのかがよくわかるよ