モンド・グロッソwith満島ひかりのラビリンスに対する海外の反応

・どうやってここに来たのか分からないけど、この動画と会えて嬉しいよ。彼女は素晴らしいね!

・ビートが最高だね。

・この女の子に恋に落ちたわ。

・↑彼女の名前は満島ひかりで、歌手でありモデルであり素晴らしい役者でもあるよ。

すでに結婚していて今は30歳代前半だよ…一応言っておこうと思ってね。

・↑なんでわざわざ年齢を強調する必要があるんだい?彼女が魅力的なことには変わりないじゃないか。

・↑彼女は「愛のむきだし」っていう映画に出演しているね。とってもおすすめだよ:-)

・オーマイガー、ラストシーンの道路を毎日歩いているよlol !!!

曲もダンスも気に入ったわ。

・彼女こそ俺の真夜中のパラダイスだわ。

・わお、すっかりはまったよ^^

・曲は素晴らしいけど、彼女以外の登場人物は微妙な恰好しているね。

色合い、動き、場所、カメラエフェクトどれも曲にあっているよ。素晴らしい作品だわ。

・気に入ったよ!彼女が踊っているのを見て、みんな変な顔をしているのが面白いねlol

・サンキューyoutube

・こういうのがあるからyoutubeが好きなんだよ。

普段はこういう感じの音楽を聴かないけど、これはなんだか気に入ったわ。

・↑ああ、特に全く関係のない動画を真夜中に見ていたような時はね。

・二カ月前はAKB48みたいな日本の曲は絶対聞かないって思っていたけど、これは別物だわ。

80年代の日本のファンク&ジャズは最高だね。

・日本のMTV VMAJ 2017でこの曲が最優秀ダンスビデオ賞を取ったようだよ。

おめでとう!

・ロケーション

0:00 鰂魚涌 海山樓 (ここは住宅街で、何度も映画の撮影が行われている)

1:35 佐敦 廟街/南京街 (夜市)

2:50 深水埗 鴨寮街/北河街 (夜市、あと電化製品を売っている)

ようこそ香港へ。

・↑情報ありがとう。香港にまた行きたいわ!!!

一発撮りかと思ったら、繋ぎあわせてるのね!すげぇ! 鰂魚涌 海山樓の非現実感、最高!香港最高!満島最高!

・撮影の仕方がいいね。

・満島ひかりが歌って踊りながら夜の香港を彷徨う。

人類史上最高の出来事だわ。

・これは名作だね。クリックしたときはこんな良い作品だと思ってもいなかったよ。

・JPOP復活か。

・モンド・グロッソはイタリア語で”big world”(大きな世界)って意味だよ。

・こういう感じの日本の曲はあまりないよね。

・↑いや大量にあるけど…

・↑他におすすめがあったら教えてくれないかい?:) この曲とっても気に入ったよ。

・↑大沢伸一で調べるんだ。

(モンドグロッソは大沢真一のソロプロジェクトです)

・↑水曜日のカンパネラ

・↑tofubeats、daoko

・↑自分が見つけたやつ:

水曜日のカンパネラ-メロス

UQiYO-Twilight

Official髭男dism-Tell Me Baby、ブラザーズ

WONK-Loyal Man’s Logic

・なんでyoutubeがこれをお勧めしてきたのかは知らないけど、とっても気に入ったわ。

・Sugoiiiiii! # ^___^

・香港なのは知っているけど、メキシコシティみたいな感じだね。

・↑同じこと思ったわ。

・ヘッドフォンで聞くと天国気分だわ。

・Kポップのゴミより良いな!

・↑自分はどっちも好きだけどねlol 心を開いて聴くのがいいんだ!

・↑たぶんメインストリームで流れているボーイズ/ガールズグループのKポップしか聴いてないんだろうけど、韓国にもこういう感じの曲はたくさんあるよ。

・↑比較するのはやめろ。

・なんでこれがバイオハザード6からのおすすめ動画になるんだ?XD

まぁそれはそうと、良い音楽だね。

・この曲を聞いた後、新しい島を発見したかのように鳥肌が立ったよ。

この曲がトランスミュージックを再びグレートにするね。

・ヘイ、香港じゃないか。自分の故郷だよ!

・あの娘って31歳なの!?驚きだわ。

・気に入ったよ。ここ数日間で狂ったように聞いたわ。女の子もスーパーキュートだね。

・もっとたくさん言葉を知っていれば、この動画の素晴らしさを説明出来るんだけどね。

素晴らしいバイブスだわ…

・遠国の出身だけど、この音は気に入ったよ!

・70年代みたいな服装がとっても似合っていてかわいいね。

・美しい動画と音楽だね!インドネシアから愛をこめて<3

・香港には祖母が住んでいたから、しばらく住んでいたことがあるんだよ。

この曲を今日聴き始めて何度もリピートしているけど、本当に気に入ったよ。

古き良き昔の日々を思い出すね。

・中毒性高いな。

ソース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする