自分の国では愛されているけど、他国では嫌われている食べ物ってある?【海外の反応】

・リコリスを使ったもの全般かな

■リコリス

スペイン甘草のこと。サルミアッキなどのリコリス菓子やルートビアなどの甘味料に使われている。

独特の薬臭い香りがする。

・↑北欧人もリコリスとサルミアッキは大好きだよ。

■サルミアッキ

独特の癖の味がするフィンランドの飴。慣れてない人にとってはまずい飴として有名。

・↑サルミアッキは神からの贈り物だね。

・北ドイツ:玉ねぎメット

生の豚バラ肉の挽肉に玉ねぎを混ぜてパンに乗せて食べる。ハリネズミの形にして食卓に出すのが伝統だよ。

・↑最近引っ越してきたものだけど、明日はもう来ないって気持ちでこのクソを食ったよ。

・↑見た目はキモいけど一回チャレンジしてみたいね。

・↑本当に本当に美味いよ。以前はメットを勧められたら”うええ、生じゃないか!”って毎回断っていたけど、一回食べたらすぐに気に入ったよ。

・中国に以前住んでいたけど白酒かな。外国人には200ドルもするガソリンみたいな味に思えるだろうけど、個人的には好きだよ。

■白酒

穀物を原料とする蒸留酒。

焼酎と似ている。

・↑最近上司が美味しいブランドのやつをボトルで買ってきたんだけど、本当に美味くてとっても飲みやすかったんだ。他の人たちも全員気に入っていたよ。

自分はユーコン準州っていう、他のカナダの地域とくらべて約二倍くらい一人あたりの飲酒量が多い地域に住んでいるんだけど、みんなアル中になりそうだよ。

・シーザー(カクテル)かな。カナダでバーテンダーをやっているけど、毎晩数回作っているよ。

外国人に勧めると”おいおいなんだこれは?”って感じだよ。

■シーザー

トマトジュースにアサリやハマグリなどの貝のエキスを加えたクラマトジュースに、ウォッカ、タバスコ、ウスターソース、塩コショウなどを加え、セロリの茎やライムを添えたカクテル

・↑クラマトジュースは北アメリカ以外では人気がないからね。カナダの友人たちがシーザーについて話していた時は困惑したよ。彼らもカナダ以外では人気がないことを知らなかったみたいだわ。

オーストラリア人だけどカナダに行ったときは可能な限りシーザーを飲むようにしているよ。ここでは飲めないからね。

・ハギス。

腹が減ってくるから二度と同じことを言わなくて済むように願うわ。

■ハギス

羊の内臓のミンチとオート麦、玉ねぎ、ハーブなどを刻んで、それを羊の胃袋に詰めて茹でたスコットランドの伝統料理

・↑イングランド人だよ…このクソが恋しいわ。冬の食べ物だから夏は食べれないんだよな。

・↑イングランドに夏があるとは知らなかった。

・カエルとカタツムリかな。カエルの足はチキンみたいな味だし、カタツムリはバターとガーリックの味がほとんどだよ。

・ベジマイト

■ベジマイト

ビール醸造の副生成物であるイースト菌抽出物を原料とした発酵食品。

塩辛く独特の香りがする。

・↑中国人の友達にこれを塗ったトーストを出したけど、食べた瞬間吐き出して、怪しむように睨まれたよ…自分がイタズラをしていると思われたんだ…説得するのに苦労したよ。

・フェアリーブレッド。

食パン、バター、スプリンクルを振って、パンの耳を切り落として、四等分する。オーストラリアのキッズパーティーの定番さ。

・自分の聞いた話だと、アメリカとカナダ以外の人はルートビールが嫌いらしいね。

■ルートビール

北アメリカで人気のアルコールを含まない炭酸飲料。

上述のリコリスを使っているので薬みたいな味がする。

・↑他の国の人:ああ、こいつはきもいな

アメリカ人:え?いやいや、みんなこれ大好きだよ!

・イギリス以外では豆乗せトーストが人気じゃない気がする。

■豆乗せトースト

缶詰の白インゲンマメにトマトペースト、胡椒、砂糖などをお好みで混ぜて軽く調理したものを、トーストに乗せて食べる。

・↑オーストラリアでもとっても人気があるよ。私的には豆を食べる唯一の方法だわ。

・臭豆腐

台湾人ならみんな好きだけど、外国人は臭いに絶えられなくて5mは離れるわ。

■臭豆腐

豆腐を主に植物性の発酵液に漬けて風味を付けたもの。

北京などでは豆腐にケカビを生やしてから、塩水に漬けて作る。

台湾では甘辛いタレと白菜漬けを添えて食べる。

・↑台湾に10年間住んでいたけど、最初の数年は嫌いだったよ。工場から流れてくる甘い靴下みたいな臭いで吐きそうになったわ。でも酔っ払った時に臭豆腐を見つけてノリで食べたんだけど、とっても美味しかったよ。それからは改心したわ。イギリスに売ってないのが残念だね。

・納豆

・↑味はまだ耐えられるけど、あの粘液みたいなベタベタがね。

・↑日本に留学したときは出されたものは全部食べて、どれも美味しかったんだ。

ある朝、友達が朝食で納豆に挑戦したって言って、あれだけは絶対に食べるなって自分に警告してきたんだ。

妙にしつこく言ってくるから、曖昧にうなずいたんだけど、その時は大して気にはしてなかったんだ。

それからその日の夜、ちょうど納豆が出されたんだけど、友人はどうせ大げさに言っていたんだろうと思って、挑戦してみたんだよ。

あれは最悪だったね。なんというか洗っていない靴下の臭いをスライム状にして腐った豆に注ぎ込み、それを太陽の下に放置してさらにネバネバに汚染した感じだったよ。もしかしたら慣れたら美味しいかもしれないと思って、胃が拒絶するまで食べたけど、そんなことはなかったよ。

ごめんよ日本。君のところの料理は納豆以外どれも美味しかったけどこれは駄目だ。

まぁでも次に行くときはまた挑戦してみようと思うよ。もしかしたら美味しく感じれるかもしれないからね。

・↑確かにあれは食べながら育った人じゃないと不味く感じると思うよ。

スープに入れてソフトにしたとしても食べたくないわ。

・↑アイオワ州で育ったものだけど、アイオワにある禅道場に居たときに納豆を紹介されたよ。辛いマスタード、しょうゆ、それからニンニクを混ぜて食べるととっても美味しいよ。

・↑今日学んだこと。アイオワは日本。

・↑おいおい、忘れたのか?Iowa島で撮られた海軍の写真があっただろ。

・ルーテフィスクかな?

個人的にはベーコン、スクランブルエッグ、マッシュドポテトと一緒だと美味しいと思うけど。

■ルーテフィスク

タラなどの干した白身魚を何時間も灰汁につけて戻し、ゼリー状にしたもの。

バターなどで味付けして食べる。

・↑ミネソタにもあるよ。

祖父母の家のイベントで、親戚が集まって食事をするような時しか食べないけど。

・茹でピーナッツ。いくつかの州では人気だけど、他の場所では嫌われている。

・↑茹でピーナッツは大好きだよ!ハワイでもとっても人気さ。

・ボルシチ。”ビートから作られたスープなんて気持ち悪い!”って言うけど、美味いよ。

・↑え?ボルシチ嫌いな人とかいるのか?

ポルトガル人だけどボルシチは大好きだよ。

チョリソー(ポルトガルのソーセージ)を加えたら最高だね…腹が減ってきたわ!

・童子蛋(ヴァージン・ボーイ・エッグ)

■童子蛋

10歳未満の男児の尿で煮詰めた卵。

子供の尿には解熱作用や血を浄化する物質があるらしく、中国の一部の地域では春の縁起物として食されている。

・↑なんてこった。ただ名前がクリエイティブなだけだろうと思ったら、実際に子供の尿で作っているのかよ…

これを聞いても本当に食べらているのか疑問だわ。ジョークじゃないのか。

・↑最近プレイしたトリビアのゲームによると、これはマジで存在しているよ。

・↑カトリックの司祭が好きそうなレシピじゃないか。

・メヌード

■メヌード

牛の胃のスープ。

胃の煮汁とトウガラシをベースに、ライム、タマネギ、コリアンダー、オレガノ、粉砕したトウモロコシなどで味付けしたもの。

・↑カリフォルニアの南部出身だからかもしれないけど、メヌードは大好きだよ。何杯か食べるまで中身が何か言わないように出すのがコツさ。

・食べ物じゃなくて飲み物だけど、アルゼンチン/ウルグアイ以外の人はマテ茶を気持ち悪いと思っているようだね。

■マテ茶

イェルバ・マテという南米の植物の葉や根を乾燥させたお茶。

茶器に直接茶葉を入れてお湯や水で満たし、ストローで飲む。

・↑マテ茶はヨーロッパのほとんどで若者の人気を集めているよ。

・スパムかな。韓国人も好きなようだけど。

・↑夫が作るスパム入りキムチチゲを食べたくなったわ。

・ドイツには200種類以上のパンがあるけど、他の場所ではほとんど聞いたことがないね。ふわふわした小麦のパンばかりだわ。

・↑もしこれからの一生を一種類のパンだけで生きることになったら死んでしまうね。

・どれもこれも嫌われている。

ソース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする