自国の歴史を簡単に説明してみて【海外の反応】

・王の頭を切り落として、これまでに存在した全ての政治体制を試しにやってみようぜ。

・↑

これは最高だね。

憲法学の教授が、あらゆる形態の政府が失敗することをフランス人は証明したって言っていたよ。

・↑~1789年:絶対君主制

~1793年:憲法君主制

~1802:寡頭制

~1815:独裁軍事政権

~1830:再び憲法君主制

~1848:再び絶対君主制

~1851:再び憲法君主制

~1852:民主共和政

~1870:独裁政権

1870:再び憲法君主制

~1940:実験的共産主義

~1945:再び民主共和政

~1958:ファシストの傀儡状態

~現在:5回目の正直の民主共和政

神権政以外はあると思うわ。

・かつては東南アジア一体に広がる帝国だったけど、今ではパッとしないただの小国。

そしてほとんどの人がそんな歴史があったことを知らず、なんで国旗に寺院が描かれているのかすら知らない人もいる。

クメール王朝(802~1431年)

下の赤い部分が900年ごろのクメール王朝の版図

オレンジ色が現在のカンボジア

カンボジアの国旗に描かれているのはクメール王朝時代に建てられた寺院、アンコール・ワット。クメール語でアンコールは王都、ワットは寺院。

・↑

金持ちになる→何百と寺院を建てた結果貧乏に→中国、タイ、ベトナムetcに征服される→OK、俺たちは自由になったぞ!→なんてこった、中国にインスパイアされたやつが人々を殺し始めたぞ→そこら中に地雷が置かれる→徐々に観光業が発展する

・どうも俺たちの国は上手く行ってないみたいだ。どれヴァイキングの野郎に国を動かしてくれないか頼もう。

(1400年後)

どうも遠い親戚のヴァイキングの野郎は上手く仕事をこなせてないみたいだ。どれ代わりにパーティーでもするか

(80年後)

どうもパーティーを長くやりすぎたようだ。こんどは自分たちで国を動かそう

(10年後)

どうやら俺たちは国を上手く経営出来ないらしい。どれあの上半身裸のやつに頼むとするか

…これが永遠に続く

・↑ハロー、マザーロシア

・黄金の土地を発見したぞ。

黄金を手に入れたぞ。

黄金を使ったぞ。

経済がめちゃくちゃになった。

スペインです。

・↑金が無くなるわけがない→なくなった

カトリックが増える訳がない→宗教裁判

戦争に負けるわけがない→負ける

・500年間略奪する、黒死病、500年間搾取される、フリーダム、石油

・ナイスなピラミッド

ナイスなローマ劇場

ナイスな教会

ナイスなモスク

今は何もナイスなものがない。

・↑エジプトかな?

・↑それかラスベガスか…

・部族がたくさんいたけど王がいなかった。

どこかの部族「俺達が王になろう」

他の部族「ダメだ。俺達が王になる」

それで争いになり、勝った部族が”サウジアラビアの王国”を作った。

そして滅んで、それからまた戻ってきてサウジアラビアの王国2を作った

そして滅んで、今ではサウジアラビアの王国3になっている。

そして石油を発見した。

・↑石油の発見は歴史ゲームでチートコードを使うようなものだね。

イラクの場合はチートが思ったように機能してないけど。

・スペインとの愛憎関係。

人気になる前から植民地主義に移行する。

他の国も海に出て、スペインに自分たちの王を殺されるまで上手く行っていた。

イングランドと友人になる。互いに何度か侵略しあったけどそれでも友達。

今の自分達はまぁまぁだと思う。

・ロシアに占領される。

ドイツに占領される。

ポーランドに占領される

ラトビアに占領される。

スウェーデンに占領される。

今はエストニアと呼ばれている。

・ブリテンのビッチになり、それからしばらく日本のビッチになり、それからまたブリテンのビッチになると、あるやつが”マレーシアのビッチになろうぜ”って言い出して、マレーシアは「いいよ、いややっぱ駄目だ」って言った。

するとそいつは「くそ、みんなと貿易してみんなのビッチになろう」って言って、第三世界を第一世界にまで引き上げた。

・↑つまりシンガポールは売春で稼いでいたということかい?なるほどね

・かつては世界を征服していたが、今では良く言って平均。でも良い遺跡があるよ。

・ジンバブエ「すると突然何もかも悪くなった」

・ヘイ、大きな海があるな。船の作り方を学ぼう。

ヘイ、香辛料がたくさんあるな。船に詰め込もう。

ヘイ、たくさん土地があるな。俺達によこせ。ああ、それからお前たちの自由もよこせ。

もういいや、全部売って引退しよう。

・↑これは多くの国に当てはまるな。

・スペインに征服される

アメリカに征服される

日本に征服される

あとうちの大統領はドラッグ中毒者を殺したがってる

・ず~~~っと何もない。鳥、鳥、鳥、トカゲ、また鳥、鳥、みんなリラックスしてまた長い時がたつ

すると人がやって来た。少しだけ。また時間がたった、前ほどではないけど。また人。今度は白い人。みんな住み着いて、ちょっと騒ぎがあった。人は仲良く暮らすことを学び、そしてラクビーで世界に勝った。

ああ、それから世界地図から抜けていることが多い。

・植民地化してすまなかったな。また友達になってくれるかい?

・↑それはヨーロッパのほとんどに当てはまる

・ヘイ、俺達の国には緑があって、隣の国は氷で覆われているぞ。あそこを侵略してグリーンランドと呼ぶことにしよう。

そして俺たちはペニス博物館を作り、火山が何度か噴火した。

・キリスト教徒になろうかな?

ファッキンデーン

ファッキンスウェーデン

ヘイ、金持ちになったぞ。

・リトアニア「え?」

・イタリア「我々はとても重要な存在だったが今では靴を作っている」

・父ちゃんがヤク中になって白人に売られた。

・ヘイ、囚人を送るのに最高な土地じゃないか。

なんだこの野生動物は

多文化主義になろう

やっぱやめだ。ボートを止めろ

・我々はローマ人だった

それからスラヴ人になり

それからまたローマ人

それからポーランド、オーストリア、ロシア、トルコに一部を奪われ

今では統合されたと言えるだろうか?

・かつては世界の大部分を手に入れていたのに、今ではちっぽけな島に押し込められている。

・ドイツ「ヘイ、一つの国になろう!ヘイ、また別れよう!」

・イギリス人とフランス人が仲良く暮らすことを覚えた。そして彼らの子供はみんなと仲良くすることを覚えた。

・俺達はスウェーデン人

俺達はロシア人

独立

ロシアに侵略されるけど、ボコボコにする

携帯電話を作る

作り方を忘れる

ソース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする